人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.21

自転車専用レーンは本当に安全なのか?

Photo:Petr Vilgus

 自転車に乗って車道を走っている時、追い越してくる車がことのほか自分の近くを通り過ぎて思わずヒヤリとして経験はないだろうか。そんな思いをしないためにも自転車レーンがあればそこを通りたいものだが、はたして自転車レーンで本当に安全に走れるのだろうか。

自転車レーンを走行すると車が近づいてくる?

 自転車専用通行帯、いわゆる自転車レーンはもちろん、サイクリストの安全を考えて導入されているのだが、なんとも皮肉なことに自転車レーンを走ると追い越しをかけてくる車のとの距離が縮まるという研究が報告されている。自転車レーンを走ったほうが危険性が増すのである。

 オーストラリア・モナッシュ大学の研究チームが2019年4月に「Accident Analysis and Prevention」で発表した研究では、実験を通じて、路上で走行中の自転車と自動車の距離を分析している。

 実験に参加した60人のサイクリストは、自転車のそばを通る自動車との距離を計測できる機器を取り付けた状態で、計422回に及ぶ走行を行なった。自動車に追い抜かれる際に記録した自動車との距離は総計1万8000キロにものぼっている。

Daily Mail」より

 データを分析してみると、追い越しのおよそ17回に1回が危険とされる100センチ以内の距離で行なわれていることが判明した。自転車を10キロメートル走らせると、平均1.7回の危険な追い越しを体験することになる。そしてさらに危険なことに、124のケースにおいて追い越し時の自動車と自転車の距離は60センチ以内であった。

 ちなみにオーストラリアのほとんどの道路では、追い越し時には追い越す車両とのギャップを時速60以下では100センチ以上、時速60キロ以上では150センチ以上にすることが求められている。

 そして興味深いことに、自転車レーンを走行時に追い抜かされる際の自動車との距離は、自転車レーンがない道路を走行中の時よりも平均で40センチ縮まっていることが突き止められたのだ。皮肉なことに自転車レーンを走っている自転車のほうがリスクに晒されているのである。

 研究チームはドライバーは自転車レーンのない道では自転車を意識的に追い越しているのだが、自転車レーンがあるとそれにある種安心して自転車にあまり注意を払わなくなるためであると説明している。もちろん車との距離の近さがそのまま事故率に比例するわけではないと思うが、自転車レーンについてこうしたリスクが潜んでいることはサイクリストとドライバーの双方にとって広く共有されなければならないだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。