人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

学生でも簡単に作れる!デビットカードが審査なしの理由って知ってる?

2019.04.18

皆さんはデビットカードとクレジットカードの違いをしっかり説明することはできるだろうか? 簡単に説明すると、デビッドカードとは使った瞬間に金額が銀行口座から即引き落としされる仕組みのカードであり、引き落としが1か月から数か月先になるクレジットカードとはこの点が大きく異なる。またクレジットカードを申し込む場合、「申し込み者は信頼のおける人か、返済はきちんとしてくれるか」という審査が必要となるが、デビットカードには詳細な審査は存在しない。そこで今回は、学生でも簡単に作ることのできるデビットカードが「審査なしで発行できる理由」を分かりやすくお伝えする。

そもそもデビットカードとは?

デビットカードが「審査なしで発行できる理由」説明する前に、まずはあらためてデビットカードそのものについて説明する。

デビットカードは即時引き落とし

デビットカードは、基本的に銀行のキャッシュカードのようなものであり、加盟店で買い物をすると同時に銀行口座から代金が引き落とされる仕組みである。繰り返しになるが、この点が大きくクレジットカードとは異なっている。また、後払いではないため、分割で支払うことはできず、1回払いのみとなっている。

VISAなどの国際ブランドであれば海外利用も可能

もちろんクレジットカードと同じように、VISA、MasterCard、JCBなどの国際ブランドが利用できる店舗であれば海外でも利用することができる。また、カードによって多少の違いはあるが、デビットカードの使用でもクレジットカードと同じように基本的にポイントも寄与される。

デビットカードはなぜ審査不要なのか?

それではクレジットカードとは異なり、なぜデビットカードは審査不要で作ることができるのだろうか? その理由を説明するには、逆説的ではあるが、「クレジットカードが審査が必要な理由」を説明しなければならない。

クレジットカードでは“立て替え”が発生

クレジットカードを利用して買い物した場合は、口座から利用代金が引き落とされるのが1か月先から数か月先になる。そのため、一回払いのショッピング利用だとしても、1か月~2か月のカード会社の“立て替え”期間が発生することになり、「申込者は信頼のおける人か、返済はきちんとしてくれるか」という審査が必要になってくる。

デビットカードは口座残高以上の利用ができない。

デビットカードは使った瞬間に口座から代金が引き落とされる仕組みになっているので、口座残高以上の利用はできない。すなわち、銀行口座に入金されている金額が「限度額」になるため基本的には上記のような審査を行う必要がないということになる。

イオンデビットカードでは審査が必要な場合も

ただし、少し注意が必要なデビットカードも存在する。例えば、イオンデビットカードにはバックアップサービスという銀行口座残高が足りなくなったときに一時的に立て替えをしてくれるサービスがある。すなわち、バックアップサービスは一時的にお金を貸していることになるので、このような特別なサービスが付いているデビットカードは申し込み時に審査が必要になる。

審査なしで年会費も無料=学生でも作りやすい

デビットカードは、16歳以上(銀行により異なる)であれば、基本的に誰でも作ることができる。一方で、クレジットカードの場合は、すべてのカード会社で入会資格が18歳以上となっており、18歳であったしても高校生は申し込みができない。このため、デビットカードは学生でも手軽に作ることができるので、“カードデビュー”には打ってつけといえるだろう。

審査なしで作れる!おすすめのデビットカードを紹介

ここからは審査なしで作れるおすすめのデビットカードをいくつか紹介していく。今後デビットカードの発行を検討している人は参考にしてほしい。

楽天銀行デビットカード

まず、おすすめしたいのが楽天銀行デビットカードである。年会費が永年無料であるだけではなく、現在発行されているデビットカードの中ではトップクラスのポイント還元率1%となっている点が最大の売りである。また、楽天市場での利用なら2%還元となる。

セブン銀行のデビットカード

セブン銀行が発行しているデビット付きキャッシュカードは、国内・海外のJCB加盟店、ネットショッピング等で利用できる。利用に応じて、しっかりnanacoポイントも貯まるのも見逃せないポイントだ。

みずほJCBデビット

みずほ銀行が発行する「みずほJCBデビット」は旅行保険が充実しており、国内外の旅行傷害保険が付帯している。しかも死亡・高度障害だけではなく、利用頻度が多い補償もしっかりと確保されているのも貴重である。

ゆうちょ銀行のデビットカード

ゆうちょ銀行が発行しているデビットカードは、VISAやMasterCardのような国際ブランドではなく、「J-Debit」という日本独自のブランドである。そのため、利用できる店舗の数はそこまで多くないので、注意が必要である。

これまで説明してきたように、デビットカードは口座から即時引き落としで決済されるため、銀行口座を持っている人なら基本的に審査なしで誰でも作ることができる。キャッシュレス化が進む現代社会、“”現金派”の人もデビットカードの利用を検討してみてはいかがだろうか?

文/praia

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。