人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜアップルのワイヤレス充電パッド「AirPower」は発売されなかったのか?

2019.04.21

Image: アップル

米アップルのワイヤレス充電マット「AirPower」の発売が中止された。

意欲的な設計を取り入れたAirPowerの開発には、いくつものチャレンジが存在していた。

アップル肝いりのAirPowerはなぜ、世に出なかったのだろうか。

新設計のワイヤレス充電マット

Image: アップル

スマートフォンやモバイルバッテリーを充電するワイヤレス充電マットは、さまざまなメーカーから多数の製品が投入されている。これは「Qi(チー)」などの規格にもとづき、ワイヤレス充電マットと充電機器の間で「電磁誘導」を利用して、電力をやり取りする仕組みだ。

AirPowerが革新的だったのは、充電マットのどの場所に、どの機器をおいても充電できる点だ。充電する機器は「iPhone」だけでなく「Apple Watch」や「AirPods」にも対応しているしまたどの機器をどの場所に置いてもよい。

通常のワイヤレス充電マットは機器の置き場所が決まっており、そこから外れると充電ができなかった。AirPowerはユーザーにそのような手間を感じさせないのが、アピールポイントとなるはずだった。

発売直前での中止決定

Image: アップル

そんなAirPowerは、今年3月30日に正式に発売中止が発表される。その理由としては、「アップルの高い要求水準を満たすことができない」ことが挙げられた。

2017年9月に発表されたAirPowerは、以前よりその販売計画が不透明だった。発表当時から発売時期は「2018年中」とはっきりとせず、その後に公式ホームページから一部の画像が削除されるなどの動きもあった。

しかし、2019年3月に発表された「第2世代AirPods」のワイヤレス充電ケースのパッケージには、確かにAirPowerのイラストが掲載されている。つまり、AirPowerの発売中止は今年のごく最近に下されたことが推測されるのだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。