人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まさにコンデジキラー!ファーウェイの最新スマホ「P30 Pro」に搭載された10倍ズームカメラの衝撃の進化

2019.04.20

Image: ファーウェイ

今年3月末、中国ファーウェイは新型スマートフォン「P30 Pro」を発表した。

10倍のズーム機能の搭載など、スマートフォンの範疇を超えた進化を遂げている。

一体、P30 Proにはどのような技術が投入されているのだろうか。

業界初のペリスコープカメラを搭載

Image: ファーウェイ

P30 Proの最もセンセーショナルなポイントは、業界に先駆けて「ペリスコープカメラ」を搭載したことだ。このペリスコープカメラとは、複数のレンズの組み合わせで光軸を90度曲げる機構。これにより、薄いスマートフォンの内部でも5倍の光学ズームが可能になった。

さらにP30 Proでは、4000万画素のメインカメラの超高画素センサーを利用したデジタルズームを組み合わせることで、画素劣化を抑えた「10倍ハイブリッドズーム」を実現している。また、このメインカメラは「黄色の光」をより多く取り込むことで、なんと高級デジカメ並みのISO感度40万9600を実現しているのだ。

また、カメラの横には光の反射速度から物体の距離を測定する「ToF深度センサー」を搭載。これは、AR(拡張現実)や3Dカメラ機能などに利用される。

もはやコンデジはいらない?

Image: ファーウェイ

P30 Proは3つのカメラで、16mm〜125mm(ハイブリッドズームで250mm:35mm換算)までの画角カバーする。これは一眼カメラのズームレンズ並、あるいはコンデジのズーム機能にも肩を並べる性能だ。

一眼カメラはその画質でスマートフォンと差別化されるが、スナップ写真を撮影するコンデジと、常に持ち歩くスマートフォンは、その市場が競合している。そしてスマートフォンで十分なズーム撮影ができれば、もはやコンデジを持ち歩く必要はない、という判断もありえるだろう。

さらに、P30 Proは16mmという、超広角撮影に対応している。これはコンデジを超え、アクションカメラに近いほどの広い画角となり、集合写真などに力を発揮することだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。