人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トラックをシェアしてお得に引越す!人手不足も解消するシェアリングサービス「Hi!MOVE」

2019.04.14

例年、3月中旬から4月中旬にかけては、進学や転勤などによる引っ越し需要が急増する時期。一方で、引っ越し業者の人手不足の深刻化から、需要の受け皿が不足する事態が社会問題化している。

今年は、ヤマトの引っ越し受注停止やレオパレス問題もあって、引っ越ししたくでもできない「引っ越し難民」は、前年より増えるという観測もある。

1台の引っ越しトラックを複数人でシェア

そんな状況の中、「引越しのトラックをシェア」することで、引っ越し業界の人手不足の軽減と、引っ越し料金の低減をはかるサービス「Hi!MOVE」が登場し、話題になっている。

「Hi!MOVE」公式サイト(PC版)のトップページ

「トラックをシェア」と言われてもピンとこないが、単身者の引っ越しの場合、1台のトラックで済んで、なお空きスペースが発生することがままある。そこで、その空きスペースに別の依頼人の引っ越し荷物を積んで、1台で2~3人分の引っ越しができるという仕組み。

「Hi!MOVE」を運営する(株)グライドは、7社の引っ越し会社と提携し、一都三県、大阪、名古屋など大都市圏を中心にサービスを展開。ゆくゆくは、提携先を増やして全国展開も考えているという。

相場の3~4割も安く利用でき手順も簡単

使う側にとっての「Hi!MOVE」の魅力は、第一に相場の3~4割も割安で利用できること。この時期は、割り増しが当たり前という常識を覆すうれしい話だ。

もう1つは、意外なほど簡単に引っ越し料金の見積もりがとれること。その手順を説明すると、以下のようになる。

1. スマホより「Hi!MOVE」サイトにアクセス

スマホでhttps://hi-move.jp/にアクセス。現状、パソコンではこのサービスは利用できず、パソコンでアクセスすると、トップページに「このQRコードをスキャンしてね」と案内がある。スマホで、そのQRコードを読み取ることでも「Hi!MOVE」サイトに行ける。

「Hi!MOVE」サイト(スマホ版)トップページ

2. 引っ越し予定日など入力

引っ越し予定日、現在の住所と間取り、引っ越し先の住所を入力。これが、見積金額の基礎情報となるが、他の引っ越し会社と違い、この段階では氏名や電話番号は求められないため、変なストレスがないのがいい。

最小限の基礎情報を入力

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。