人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クルマ用から一人暮らし用、低価格モデルまで!1台あると便利なハンディクリーナーのおすすめ12選

2019.04.15

コンパクトサイズで扱いやすいハンディクリーナーは、自宅の掃除にはもちろん車の掃除にも最適だ。メインで使う掃除機とハンディクリーナーを、場所によって使い分けるのも良い。

本記事では、お手頃価格のもの・車の掃除に最適なもの・一人暮らし向きのおすすめハンディクリーナーを紹介する。「どこを掃除するために購入するか」をイメージしながら、各製品の特徴を比較してみよう。

【目次】

価格の安いおすすめハンディクリーナー

車の掃除にも使えるおすすめコードレスハンディクリーナー

一人暮らしにおすすめのハンディクリーナー

価格の安いおすすめハンディクリーナー

はじめに、価格の安いおすすめハンディクリーナーを紹介する。運転音が静かなモデルや水を吸い取れるモデルなどそれぞれに特徴があるので、必要な機能を見極めよう。

アイリスオーヤマ KIC-SDC3 軽量スティッククリーナー ラクティ

アイリスオーヤマ KIC-SDC3 軽量スティッククリーナー ラクティ

アイリスオーヤマのラクティKIC-SDC3は、重量わずか300gの軽量ハンディクリーナー。従来品に比べ吸引力がおよそ30%アップし、さらに使いやすくなった。

ヘッド内の空気の渦によりゴミを巻き上げて吸う「サイクロンストリームヘッド」を搭載し、ダストピックアップ率99%を実現。「ほこり感知センサー」により、自動でパワーをセーブしてくれるため、バッテリーが消耗しにくいのも魅力だ。

出典 公式サイト|アイリスオーヤマ KIC-SDC3 軽量スティッククリーナー ラクティ

 

アマゾンでの購入はこちらから

ツインバード コードレス ウェット&ドライクリーナーHC-EB21W 

ツインバード コードレス ウェット&ドライクリーナーHC-EB21W 

ツインバードのコードレスウェット&ドライクリーナーHC-EB21Wは、液体も吸い取れるハンディクリーナー。吸水ノズルが密着し、液体をかき集めながら吸い取ってくれる優れもの。「かんたん・水抜き栓」で、溜まった水を捨てるのも簡単。すき間ノズル・スキマブラシも付属している。

出典 公式サイト|ツインバード コードレス ウェット&ドライクリーナーHC-EB21W 

 

アマゾンでの購入はこちらから

blackanddecker PV1020LピボットIII

blackanddecker PV1020LピボットIII

blackanddeckerのPV1020LピボットIIIは、ノズルの角度が210度まで変えられるハンディクリーナー。ノズルの可動域が広いため、狭い場所や高い場所でも掃除しやすい。

運転音を抑えた排気設計なので、小さいお子さんがいる家庭でも使いやすい。溜まったゴミはワンタッチで捨てることができ、ダストケースは水洗いが可能。

出典 公式サイト|blackanddecker PV1020LピボットIII

 

アマゾンでの購入はこちらから

フカイ工業 充電式 ウェット&ドライハンディクリーナー FC-710

フカイ工業 充電式 ウェット&ドライハンディクリーナー FC-710

フカイ工業のFC-710は、乾湿両用のハンディクリーナー。こぼした水やミルク、ジュースも吸い取ることができる。710gと軽量設計なのも魅力だ。

3種類のノズル(隙間ノズル・吸水ノズル・ブラシ付きノズル)が付属しているので、サッシの掃除にも最適。

出典 公式サイト|フカイ工業 充電式 ウェット&ドライハンディクリーナー FC-710

 

アマゾンでの購入はこちらから

車の掃除にも使えるおすすめコードレスハンディクリーナー

ここでは、車の掃除に最適なおすすめコードレスハンディクリーナーを紹介する。車のシガーソケットで充電できるモデルなら、常時車に載せておくことができる。ノズルの種類にも注目してみよう。

Shark EVOPOWER(エヴォパワー)W30

Shark EVOPOWER(エヴォパワー)W30

SharkのEVOPOWERは、スリムなデザインが魅力のハンディクリーナー。見た目がおしゃれなので、車内・室内にも置きやすい。

着脱バッテリー式なので、充電切れの心配もない。充電はドックに置くだけと簡単。ゴミに触れずにゴミ捨てができ、ダストカップ・フィルターは水洗いも可能。

出典 公式サイト|Shark EVOPOWER(エヴォパワー)W30

 

アマゾンでの購入はこちらから

Dyson V7 Triggerpro

Dyson V7 Triggerpro

DysonのV7 Triggerproは、運転音の静かさと吸引力の強さが特徴のハンディクリーナー。前モデルと比較して、運転音がおよそ50%低減された。

車のシガーソケットからもバッテリー充電が可能で、最長30分使用できるため、車内の掃除用におすすめ。

出典 公式サイト|Dyson V7 Triggerpro

 

アマゾンでの購入はこちらから

Panasonic コードレススティック掃除機 MC-BU110J

Panasonic コードレススティック掃除機 MC-BU110J

PanasonicのMC-BU110Jは、2in1タイプのハンディクリーナー。スティックタイプの掃除機としても使用できる。室内の広い場所ではスティックで、棚の上や車などはハンディクリーナーで使うのがおすすめ。ノズル・ブラシは抗菌仕様になっているため衛生的。

出典 公式サイト|Panasonic コードレススティック掃除機 MC-BU110J

 

アマゾンでの購入はこちらから

Holife コードレス掃除機

Holife コードレス掃除機

Holifeのハンディクリーナーは、強い吸引力を実現する「ラジアルサイクロン」を搭載しているのが特徴。ドライ・ウェットどちらにも対応しているため、ほこりはもちろん、窓ガラスの結露も吸引できる。

3〜5時間の急速充電に対応しており、およそ25分間の連続使用が可能。紙パックは不要で、お手入れもしやすい。

出典 公式サイト|Holife コードレス掃除機

 

アマゾンでの購入はこちらから

Hikeren 掃除機(改良版)乾湿両用クリーナー

Hikeren 掃除機(改良版)乾湿両用クリーナー

Hikerenの乾湿両用クリーナーは、急速充電で長時間使用できるハンディクリーナー。3〜5時間でフル充電になり、最大35分間の連続使用ができる。

100Wのモーターとラジアルサイクロンを搭載しているため、吸引力も抜群。乾湿両用なので、液体の吸引もできる。

アマゾンでの購入はこちらから

一人暮らしにおすすめのハンディクリーナー

最後に、一人暮らしにおすすめのハンディクリーナーを紹介する。ハンディクリーナーなら、思いついた時にすぐに掃除ができて場所も取らないので、一人暮らしの方はこの中からお気に入りの1台を見つけてみよう。

京セラインダストリアルツールズ RYOBI BHC-1800L5

京セラインダストリアルツールズ RYOBI BHC-1800L5

京セラインダストリアルツールズのRYOBI BHC-1800L5は、トップクラスのパワフルな吸引力が魅力のハンディクリーナー。クリーンな排気で掃除ができる「サイクロン式ユニット」が付属している。電池残量はLEDランプで知らせてくれるため、充電し忘れを防止できるのも嬉しい。

出典 公式サイト|京セラインダストリアルツールズ RYOBI BHC-1800L5

 

アマゾンでの購入はこちらから

日立 スティッククリーナー(コードレス式)PV-BF700

日立 スティッククリーナー(コードレス式)PV-BF700

日立のPV-BF700は、自立式のコードレスハンディクリーナー。掃除中でも床に置くことができ、物をどかしながら掃除する際にも役立つ。

「パワフルスマートヘッド」搭載で、軽い操作でしっかりとゴミを吸い取ってくれる。「ふとん用吸口」を使えば、布団のゴミの除去にも使用可能。

出典 公式サイト|日立 スティッククリーナー(コードレス式)PV-BF700

 

アマゾンでの購入はこちらから

マキタ 充電式クリーナーCL107FDSHW(1.5Ah)

マキタ 充電式クリーナーCL107FDSHW(1.5Ah)

マキタのCL107FDSHWは、軽量ボディのハンディクリーナー。軽量でありながらパワフルで、隙間のゴミもしっかり吸引してくれる。

急速充電により、およそ22分の充電で25分ほどの使用が可能。(標準モード時)LEDライトが付いているので、暗い隙間でも掃除しやすい。

出典 公式サイト|マキタ 充電式クリーナーCL107FDSHW(1.5Ah)

 

アマゾンでの購入はこちらから

TOSHIBA コードレスクリーナーVC-CL1500

TOSHIBA コードレスクリーナーVC-CL1500

TOSHIBAのVC-CL1500は、パワフルな吸引力が魅力のハンディクリーナー。3つの気流により、ちりや花粉などの微細な粒子まで分離させるため、排気フィルターが目詰まりしにくい。軽量で持ち運びしやすいので、車の掃除にも最適。

出典 公式サイト|TOSHIBA コードレスクリーナーVC-CL1500

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。