人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.18PR

令和時代もコミュニケーションはTwitterで楽しもう!【PR】

「Twitterは、いま起きていることを会話するプラットフォームです」

 こう話すのは、Twitter Japan コンシューマ マーケティング 張 浩(Ho Chang)氏。Twitterは日本語化されてから今年で11年目になるが、日本においては、いま起きていることをツイートして楽しむ文化が深く浸透している。その典型例が、年末年始の「あけおめツイート」。張氏は、そのツイートがいかにスパイキー(突出的)であるかを、具体例なグラフを示しながら紹介する。

説明会が行なわれた3月19日までに、「#新元号」「#元号」「#改元」「#平成最後」などのハッシュタグがどれくらい投稿されたか、そして、「#あけおめ」「#あけまして」「#明けまして」といった毎年年末年始に投稿されるツイートと、どの程度の違いがあるかを示したグラフ。

Twitter Japan コンシューマ  マーケティング 張 浩氏

 そして、いま彼らは、お御代代わりに伴い、平成から令和へと元号が変わる大事なタイミングに、より多くの人が会話を楽しめるような準備を進めている。そのひとつが、「#平成を語ろう」だ。

左/デスクトップ版の「#平成を語ろう」。右/モバイルアプリ版の「#平成を語ろう」。いずれも主催はTwitter Japan、協力は共同通信社、小学館DIME トレンド大賞

#平成を語ろう」は、3月27日から5月31日まで期間限定で開設されている特設サイト。平成元年から、平成31年までのニュース、出来事、トレンドなどをピックアップして、ハッシュタグとしてリストアップされている。任意のハッシュタグの囲みの中にある[この話題を語る]をタップすると、そのハッシュタグに加え、#平成を語ろうというハッシュタグが追加して、ツイートできる。たとえば、平成8(1996)年の「#たまごっち」にある[この話題を語る]をタップしたのが、以下の画面だ。

上/PC版のトップ画面からスクロールをしていくと、平成元年の「#平成はじまる」「#オバタリアン」「#冷戦終了」「#ゲームボーイ」「#消費税3%」、同二年の「#スーパーファミコン発売」「#日本人初の宇宙旅行」「#ちびまる子ちゃん放送開始」「#3K」「#オグリキャップ引退」「#ティラミス」という具合に、平成に起きたニュースや出来事などが表示される。画面は、平成8(1996)年の「#たまごっち」を表示したところ。ヒット商品の選定は小学館DIMEトレンド大賞が参照されている。下/上画面にある[この話題を語る]をタップすると現れるツイート画面。ここには、自分が選んだ平成の出来事のハッシュタグ(画面では#たまごっち)に加えて、「#平成を語ろう」というハッシュタグ、「#平成を語ろう」サイトのURLが付加され、平成の話題で盛り上がっているツイートの語らいに参加することができる。

左/モバイル版のトップ画面からスクロールをして、「#たまごっち」を表示したところ。右/ツイートを入力している画面。

 なお、Twitterでは、「#平成を語ろう」を盛り上げるために、4月15日(月)~30日(火)までの期間に、東京、大阪、名古屋などの電車でトレインジャックを行なう。普段アクティブに使っていないユーザーを、会話に誘い込む施策の一環で、こうした取り組みからもTwitterの意気込みが伝わってくる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。