人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仮想通貨とは別物!ビジネスシーンを大きく変える「ブロックチェーン」の基礎知識

2019.04.23

ブロックチェーン

時に仮想通貨と同列で語られることも多い「ブロックチェーン」だが、その技術は今後のビジネスを大きく変える可能性を秘めている。トレンドに乗り遅れることのないようしっかり基本を理解して、皆さんのビジネスにどう活用できるのか考えてみよう。

ブロックチェーンとは?→ 取引のすべてを記録した「台帳」

ブロックチェーンはその名のとおり、取引のブロックを鎖状につなげて記録することができるデジタルデータだ。会社で稟議書の承認を上司に得た時に、その稟議書をファイリングする様子を想像すると理解しやすい。ブロックチェーンの場合は、当然紙ではなく、インターネット上にデータとして存在する。また記録された取引は誰でも閲覧することができる一方、一度記録されたデータを書き換えたり修正したりすることが基本的にできない仕組みになっている。

台帳

新しいデータは検証が完了してから追加される

新しいデータは検証が完了してから追加される新しい取引が行なわれてデータが追加されると、すぐに既存のブロックチェーンに追加されるというわけではなく、検証作業が行なわれる。複数の人たちの検証作業を経て、正しいデータだと担保できるようになって初めてブロックが接続される。時間がたてばたつほど取引の確実性と正確性が高まっていくともいえる。

取引の実行には「秘密鍵」が必要取引の実行には「秘密鍵」が必要

取引のデータは誰もが書き込めるわけではない。取引の実行には「秘密鍵」が必要。秘密鍵は当然自分しか持っていないし、他人に教えてはいけない。稟議書でいうと担当者印のイメージ。

悪意のある人がいても改ざんが難しい

ブロックチェーンに接続しているサーバーやパソコンが分担して計算を行なうことでデータの正確性を担保している。この計算力を上回る人でないとデータを改ざんすることは難しい。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。