人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.10

結婚式披露宴で使用する楽曲にも音楽著作権が発生するって知ってた?

ブライダルシーンを盛り上げる音楽だが、披露宴で利用する楽曲をコピーしてCD,DVD等を作成する場合、著作権・著作隣接権(音楽著作権)の権利者に、許可を得たり、手続きをする必要があるのはご存知だろうか。

一般社団法人音楽特定利用促進機構の調査によると、音楽著作権の認知は3割から7割に増加している。

披露宴の曲選びは、“歌詞”に注目

プロフィールムービーやエンドロールなどの映像演出は引き続き8割を超える披露宴で実施されている。映像演出で利用した楽曲の選曲理由は、最も多い回答が、好きなアーティストの曲53.9%、次いで2位が、歌詞が良い曲26.5%となり、ブライダルシーンでは選曲の際、歌詞が重視。「Wherever you are/ONE OK ROCK」「ありがとうの輪/絢香」などの曲名があがった。

披露宴での音楽著作権について、知っていた人は 34.5% から 69.0%へ 認知度大幅UP

披露宴で利用する楽曲をコピーしてCD,DVD等を作成する場合、著作権・著作隣接権(音楽著作権)の権利者に、許可を得たり、手続きをする必要がある。そのことを知っていた人は、69.0%。5年前の同調査では、知っていたと回答した人は、34.5%だったので、この5年で認知が大きく広がったといえるだろう。

音楽著作権の手続きをしなかった人は 59.9% から 23.3%へ 減少

披露宴で利用する楽曲をコピーしてCD,DVD等を作った人のうち、音楽著作権の処理の手続きをしなかった人は23.3%。著作権フリーの曲だけを選んで利用した人は29.5%。JASRACやレコード会社などの権利者と直接手続きをした人は8.7%。会場や制作会社など制作者を通して手続きをした人は33.1%だった。

5年前の同調査では、楽曲をコピーしたが、必要な音楽著作権の処理手続きをしなかった人は59.9%。音楽著作権の認知の広がりとともに、必要な手続きをせずに楽曲を利用する人は減少している。

音楽著作権の手続きについて、プランナー・式場の人から説明されて知った 76.8%

著作権・著作隣接権の手続きについて知っていた人のうち、楽曲をコピーしてCD,DVD等を作成する際の音楽著作権の手続きが必要なことを、ウエディングプランナーや式場の人からの説明で知ったと答えた人が最も多く、76.8%。次いでネットニュース 13.4%、外部制作会社からの説明11.2%、口コミ7.2%と続く。

音楽著作権について、正しい手続きを会場に求める新郎新婦 81.5%

披露宴で音楽を利用する際の著作権・著作隣接権の手続きについて、式場・ホテルなど会場に求めることとして、正しく音楽を利用できるよう手続きをしてくれる会場がよいと答えた人が、81.5%となり、8割を超えた。

この調査結果により、この5年での新郎新婦の音楽著作権に対する意識の高まりとともに、会場やプランナーヘ音楽著作権の正しい手続きと知識を求めていることが明らかになった。

関連情報/https://isum.or.jp
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。