人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.16

自宅に高速インターネット回線を導入すると高学歴女性の妊娠率が高まるってホント?

 少子化対策の鍵を握るのは高速インターネット回線!? 高速ネット回線を導入すると高学歴女性の妊娠率が高まるという興味深い研究が報告されている。

女性活躍社会の鍵は高速インターネット回線か

 多様な働き方を可能にするという「働き方改革法」がこの4月から順次施行されている。法案導入の意図の中には女性の活躍も含まれているが、そこで鍵となるのが高速インターネット回線であるという。

 イタリア・ミラノのボッコーニ大学の研究チームが2019年3月に「Population Studies」で発表した研究では、インターネット回線と妊娠率の関係を国家レベルのデータを参照して分析している。

 研究チームはドイツの1万2000の家族と、2万人の人々の公式データを分析し、25歳から45歳までの働く高学歴女性において、自宅に高速インターネット回線を導入する前と後では、妊娠率が7.2%から8.7%に上昇していたことを報告している。

 そして研究チームによればこの影響は第二子を出産する可能性も高めているということだ。高速インターネット回線が少子化対策にも貢献していることになる。

Daily Mail」より

 高学歴の女性は職場でネット回線を活用している可能性が高い。そして自宅にも高速インターネット回線を導入することで平均して仕事の3割を在宅で行なうことが可能になるという。こうして結果的に家で過ごす時間が長くなりプライベートな活動を行なう機会も増えてくることから、妊娠の確率が高まるということだ。

 しかしながら現場スタッフや作業系の仕事に就いていて、仕事では直接インターネットを使っていない女性にはこの効果は適応されず、ネット回線を導入してもしなくてもこのクラスタの妊娠率は6.3%で変化はなかった。

 ネットの普及によって柔軟な働き方ができるようになれば、それまではパートタイム勤務であった女性がフルタイムの正社員として働ける道も拓けてくるだろう。高速ネット回線の普及は女性のライフワークバランスに多大な影響を及ぼしていることを改めて確認させてくれる話題といえるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。