人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブロックチェーンを活用した新しい資金調達の仕組み「アセットトークン」って何?

2019.04.23

 ブロックチェーンで実現できる暗号資産の一つに「アセットトークン」があります。その名の通りアセット(資産)をトークン化したものです。トークンには「お金の代わりになるもの」という意味があります。資産の価値に連動する通貨と考えるとわかりやすいでしょう。

 そんな「アセットトークン」には既存の金融の枠組みを淘汰する力が秘められています。詳しく解説します。

仮想通貨とアセットトークンでは価格の付け方が大きく違う

 暗号資産と聞くと真っ先に思い浮かぶのがビットコインやイーサリアムなど、いわゆる仮想通貨ですね。アセットトークンはこれらと何が異なっているのでしょうか。どちらもブロックチェーンを使って実現しているので仕組みは共通です。しかし価格の付け方に違いがあります。

仮想通貨→その仮想通貨が生み出す収益の期待値が価格になる。

アセットトークン→トークンの元になる資産の価格やそこから生み出される配当(キャッシュフロー)に対して価格が付く。

 アセットトークンでは資産の価格が変動すればそれにつられてトークンの価格も変動することになります。このように連動することを「peg」といいます。

■アセットトークンのイメージ

 アセット(資産)を基にトークンを発行します。アセットは不動産や航空機、金塊などの資産に加えて日本円、ドルなどの法定通貨や、株式や債券などの証券でも構いません。

■ICOとアセットトークンの違い

 ICOは主に、発行するコインやトークンを使ってビジネスを行い、その結果得られる収益の大きさ(期待値)を考慮して価格が決まりますが、アセットトークンはものありきで、資産の価値を基にして価格が決まります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。