小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「5G」サービスのローンチは日本の経済にどれくらいのインパクトを与えるか?

2019.04.09

米国で4月3日にスマホサービスを開始し、5日には韓国でも開始予定という第5世代移動通信システム、いわゆる5G。この5Gサービスがスタートしたことで景気や株式市場にどのような影響を与えるのだろうか。

今回、投資運用、金融商品取引を行なう会社三井住友DSアセットマネジメントが「5Gの経済・株式市場への影響」についてマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

期待される経済への影響

経済への影響はかなり大きいと期待されている。

総務省は「電波政策2020懇談会」の参考資料の中で、農林水産業や、交通・移動・物流など12の分野毎に5Gの経済効果を試算した。

経済効果は12分野合計で46.8兆円とのこと。

また日経コンピュータ(2017年9月14日号)によれば英国の調査会社IHSマークイットは2020年から2035年までに世界のGDPは最大3兆ドル押し上げられると予想していると報じている。

このように5Gの経済効果には期待が集まっているようだ。

通信分野にとどまらない経済効果

5Gの経済効果が大きいと思われている理由の1つは、これまでの通信分野の技術革新では、その恩恵が主として通信分野にとどまったことに対し、今回は通信以外の分野への恩恵が見込まれること。

総務省が経済効果を試算した12の分野で最も経済効果が大きいのは交通・移動・物流の21兆円、次いで工場・製造・オフィスの13.4兆円。

この恩恵の広がりが大きいことが5Gの特徴だ。

景気への懸念は不要

最後に株式市場への影響。

ポイントは2つ。1つは景気の見方だ。

現在の株式市場には依然根強い世界経済への警戒感が見受けられるが、今後5Gの活用が広まるに連れて新たな需要が発生することを考えると、この懸念は杞憂と思われる。

足元米中交渉が大詰めを迎えつつあることもあり、今後株式市場における景気弱気論は勢いを失うと考えている。

銘柄選択の重要性が復活する?

もう1つは銘柄選択の重要性が復活する可能性。

これまで通信分野での技術革新がテーマとなる場面で買われたのは、主として通信サービスや通信機器製造など直接通信に関係ある企業だった。

しかし、5Gの場合はその恩恵を期待できる分野が多岐にわたるため、意外な銘柄が物色される可能性がある。

最近の株式市場では、大きな資金を動かす投資家の存在ばかりが目立ち、銘柄発掘を楽しむ雰囲気ではないが、久しぶりに銘柄選択が重要となる可能性があると考えている。

門司総一郎(調査部 シニアストラテジスト)

略歴

東京大学法学部卒業
1985年大和証券入社
1987年大和投資顧問(現、三井住友DSアセットマネジメント)転籍
雑誌、新聞の執筆、テレビ出演も多数あり、わかりやすい説明に定評がある

趣味:一宮の御朱印集め
座右の銘:見えている悪材料は悪材料に非ず 見えている好材料は好材料に非ず
つぶやき :「若者の株式離れ」がいわれますが、銘柄選択の楽しさを若い方にも味わってもらえる株式市場になって欲しいと願っています。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。