人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.08

文字入力、容量不足、バッテリー残量表示などiPhoneのちょっとした不便を解決するヒント

【iPhone活用術 part5】@DIMEのiPhone活用術の記事から4本を厳選して紹介。

iPhone活用術 part5

これから買う人は押さえておきたい「iPhone XS」の注目機能

iPhone XSは、見た目やサイズが旧モデルのiPhone Xとそっくりで、良くなった部分が伝わりにくいモデルだ。そこで、iPhone XSが登場して半年近く経った今、iPhone XSの新機能を改めておさらいしたい。 購入を検討している人やすでにiPhone XSをお使いの人も、「そんな機能あったの!?」と思う機能が見つかるかもしれない。また、旧モデルをお使いの人でも、最新のiOS12をインストールすれば使える機能があるので、ぜひチェックしてみてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/678127/

ステータスバーの変更で変わったiPhoneのバッテリー残量表示の設定を変更する方法

iPhoneをガンガン使い込むと、気になるのが「パケ代」と「バッテリー」だ。とくにバッテリーは、なくなると完全に何もできなくなってしまう。 そうなると、重要になってくるのがバッテリーの残量確認だが、アイコンだとどうしても正確に判別しづらい。そこで、パーセント表示も含めた「バッテリー表示」全般について、この記事でおさらいしておこう。

【参考】https://dime.jp/genre/664008/

iPhoneの容量不足を回避するために覚えておきたいテクニック

iPhone本体の空き容量(ストレージ)が不足すると、写真や音楽・アプリを新たに保存できなくなったり、動作が遅くなったりと通常の使用に支障をきたす。 購入時に選択したiPhoneの本体容量は、後から変更することはできない。そのため、なんらかの手段で容量不足を解消する必要がある。 そこで本記事では、iPhoneの容量不足を回避するためのテクニックを紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/659549/

iPhoneの文字入力を快適にする方法|入力音の消し方、遅い時の対処法、便利なキーボードアプリ

iPhoneで文字を打っていると「文字入力に時間がかかる」「文字入力の時におかしい動作がある」など文字入力がうまくできず、イライラしてしまうことはありませんか? ガラケーからスマホに移った方によくあるのが、ガラケーと同じ文字の打ち方になっていること。スマホでは、フリック入力なら1回で「あ行」から「お」を打つことで早く文字を打つことが可能になりました。 文字入力の際に遅くなったり、動作がおかしくなったりする原因として「iPhoneを使い続けて劣化しているのでは?」と考える人も多いですが、iPhoneをリセットすると動作が軽くなることもあります。

【参考】https://dime.jp/genre/656792/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。