人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最大航続距離438km、最高出力400ps、最大トルク696Nm!ジャガー「I-PACE」は電気自動車の理想形か

2019.04.09

ジャガー初!電気自動車のSUV「I-PACE」は理想的なクルマだ

あの英国のラグジュアリー&スポーツカーのブランドとして名高いジャガーが、フルバッテリー電気自動車(BEV)であるSUV「I-PACE」を、昨年の9月より日本において受注を開始したのをご存知の方も多いかと思う。

このジャガー初のBEVである「I-PACE」は、ラグジュアリーEVマーケットにおいて、既存のテスラを除けば、すでに参入することを表明しているメルセデス・ベンツやアウディ、ポルシェなどの老舗自動車メーカーに先んじて投入されたもの。

欧州では、ノルウェーが2025年、ドイツは2030年、イギリスとフランスは2040年までに、ガソリンおよびディーゼル車の新車販売を禁止するなど、次世代車へのシフトが急ピッチに進んでいる。

そんな高級車の未来を占う上でも、歴史あるジャガーが送り出す「I-PACE」は、非常に重要な存在となってくるのではないか。そのあたりのことも踏まえ、「I-PACE」に試乗してきたのでレポートしてみたい。

ジャガーの未来のカタチ

ジャガーといえば、ロングノーズ&ショートデッキのプロポーションが特徴的なのだが、専用設計された「I-PACE」は、その例に当てはまらない。もちろん、エンジンを搭載する必要がないため、デザインの自由度が高くなったエクステリアは、ショートノーズでキャブフォワード型のシルエットが斬新だ。

さらに、独自の“ダブルJ”を用いたマトリックスLEDヘッドライトやフロントグリルなどを巧みに取り入れながら、ジャガーらしさも主張するデザインは、SUVでありながらクーペのように流れるプロポーションが魅力的。

2990mmというロングホイールベースで、タイヤが4隅に配置されたボディのサイズは、全長4695×全幅1895×全高1565mmと、街中では全幅の大きさがやや気になるものの、短くて低いボンネットのおかげで見切りがよく、取り回しに苦労することはないだろう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。