人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.08

eスポーツへの関心が高まるも他国と比べてプロゲーマーへの憧れが低い日本

日本国内で「eスポーツ」が注目を集めるようになって久しい。今年に入っても、ある高校がeスポーツの部活動が設立するというニュースが世間を騒がすなど、未だムーブメントは収まりそうもない。

その流行の中心にいるのは、紛れもなくプロゲーマーなわけだが、eスポーツへの関心とプロゲーマーへの憧れが決してイコールの関係にないことが今回、ライムライト・ネットワークス・ジャパンのアンケート調査によって明らかになった。

なお本調査は、日本、韓国、シンガポール、インド、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカの9か国4,500人のゲーマーを対象に行われている。

日本のゲーマーはカジュアルとヘビーに2極化しているが、全体のプレイ時間は伸長

1週間でどのくらいの時間をゲームに費やすかを尋ねる調査が行われたところ、日本で最も多い回答は「1時間未満」(21.2%)の「カジュアルゲーマー」で、これは世界各国と比べても最も多い結果となった。

その一方で、20時間を超える「ヘビーゲーマー」の割合は、日本が米国、ドイツに次いで3番目(11.0%)に多く、日本では「カジュアルゲーマー」と「ヘビーゲーマー」に2極化していることが明らかに。

また、日本の「カジュアルゲーマー」の割合は昨年の32.0%から21.2%に減少しており、1週間あたりの平均ゲーム時間は昨年の5.48時間から6.88時間へと長くなっていることから、全体のプレイ時間は長時間へとシフトしていることもわかった。

ゲームの中心はスマートフォン

どのデバイスを使ってゲームをしているかを尋ねる調査が行われたところ、世界的な傾向として「スマートフォン」でゲームをする時間が最も長いことがうかがえる。

また、日本では、ゲーム専用機やパソコンと比べて、スマートフォンのプレイ時間が2倍以上となり、各国と比較しても「スマートフォン」でゲームをする時間が特に長いことが明らかになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。