人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

史上最強のオフローダー登場!最新の直6クリーンディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツ「G 350 d」

2019.04.06

メルセデス・ ベンツのオフローダー「G クラス」に直列 6 気筒クリーンディーゼルエンジン 「OM656」を搭載した「G 350 d」が追加された。

メルセデス・ベンツ G クラスは 1979 年、最高級クロスカントリービークルとして誕生。2018 年には、長い歴史の中で最も大幅に改良され、その伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードおよびオフロードにおいて最適 なパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーとして進化した。

今回追加するモデルは、バランスに優れ、コンパクトな直列 6 気筒クリーンディーゼルエ ンジン「OM656」を搭載。欧州において導入されている RDE(Real Driving Emission、 実路走行試験)規制に適合するなど、高い環境性能も併せ持つモデルとなっている。

また、直列6気筒クリーンディーゼルエンジン 「OM656」は「S 400 d」などに搭載されている最新の直列6気筒クリーンディーゼルエン ジンで、直列6気筒エンジン「M256」などと基本設計を共有する、モジュラーコンセプトを 採用している。

最高出力は286馬力(210kW)、0-100km/h加速は7.4秒に向上。 最大トルク600N・m の発生範囲は1,200〜3,200rpmまで広がり、可変エンジンマウントの 採用により、低振動で高い静粛性を持ちながら、スムーズな加速を実現したことで、長距離走行もより快適になった。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長がコンパクトにまとめ られたことで、様々なモデルに搭載することが可能。

シリンダーブロックは軽量化のた めにアルミニウム製となっている一方でピストンはスチール製を採用。この熱膨張率の異なる素材を採用することで40%以上の摩擦低減を実現した。

そしてターボは2ステージターボチャージャーを使用し、小さいタービンにはさらに可変タービンジオメトリーを採用。低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな 加速を可能にしている。さらに冷却された高圧EGRと低圧EGRを組み 合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」を搭載しており、燃焼の最適化を図り、 後処理を行う前の段階でNOxを低減することが可能になった。

メーカー希望小売価格は、11,700,000円(税込)で現在、予約注文の受付を開始しており、納車は7 月頃を予定している。

関連情報:https://www.mercedes-benz.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。