人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

春は肌荒れの季節!今日から始めたい4つの肌トラブル対策

2019.04.07

春は入社・入学、仕事上での人事的な動き、それに伴う人間関係に潜む不安など環境の変化が起こりやすい時期から、肌荒れやニキビに悩む人が増加する。

シーズ・ラボによると、「サロンへの問い合わせ件数」からストレス等の精神的不安を抱えやすい4月より1~2ヶ月経過した頃に、肌に変化が現れやすいことが明らかに。

“春の肌荒れ”が現れるのは5月から

この肌荒れは、花粉や黄砂、PM2.5などのアレルギー物質が飛来し、免疫力低下も起こりじわじわと肌が変化していく春特有の悩みと言えるだろう。

春の肌荒れを招く原因と、今日から始められる対策

1.ストレスは意図的な「セロトニン分泌」で軽減

「気分が良い」と感じる事で分泌される幸せホルモン“セロトニン”。運動後に分泌されセロトニンは甘い物を食べた時よりも分泌維持力が高く効果的で、20分のワークアウトが12時間分の気持ちの安定性を高める説もある。
※バーモント大学研究データより

2.睡眠不足は「レコーディング日記」で睡眠時間を確保

睡眠不足は免疫力低下を招く原因。睡眠不足の人の共通点は、家での行動で見直す箇所が多数見受けられる。
レコーディングダイエットのように、一日が終わる時にタイムスケジュールを見直し、無駄な時間を削って、睡眠時間(自分を労わる時間)を確保する。

3.偏食・食生活の乱れは「酵素を摂取」で解消

過食や高タンパク質、脂肪の過剰摂取は体内酵素を無駄遣いし、腸内で発生した有毒ガスが血液中に流れ、アトピーやアレルギーの原因になる可能性がある。酵素の摂取や意識的な見直しが必須。また白砂糖は消化不良を招き肌荒れに影響するため甘い物の過剰摂取も調整が必要。

4.アレルギー対策は「美容成分の見直し」で解消

現在2人に1人が花粉症と言われており※偏西風に乗って飛来する黄砂やハウスダストの影響から肌荒れを招く環境から逃げられない。免疫力を高めるフラーレンや細胞修復作用のあるEGFなど、美容成分に着目したスキンケアの見直しが肌の安定性を高める。
※2017年東京都福祉保健局データより

関連情報/http://www.ci-z.com/solutions/nikibi/recommended.html
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。