人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AI×ロボットの進化で何が起きる?ホリエモンが「もう働かなくていい」と断言する3つの理由

2019.04.09

3. 世界中でお金や食料が余りまくって、「無料」で配布される時代になる

 マスコミは「不況だ! 不況だ!」とネガティブキャンペーンばかり張るが、実は「富」も「財」も有り余っている。食料なんて、生産されてもほとんどを廃棄していて、ロスする分をITで効率よく減らすビジネスが生まれている。投資マネーもジャブジャブで、行き先を求め、世界中を〝徘徊〟している。富も財も、増えて増えて増えまくり、どう分けていこうかと、あらゆる研究機関で考えられているのが、実情だ。

 すべての国民に政府が生活費を支給する「ベーシックインカム」も、一部で具体的に始まっているし、AIやロボットによって、主たる食料の完全自動栽培も、アメリカや中国などで行なわれている。

 もはや人間は生きていくためのお金も食料も無料で得られる時代を迎えつつある。では、何をして生きていけばいいのだろうか。

 私なりの回答を、最新刊『僕たちはもう働かなくていい』にまとめたので、ぜひご一読を。

堀江氏最新刊『僕たちはもう働かなくていい』は、発売たちまち大増刷となり、大反響を集めている。また、堀江氏が主宰する「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」のメンバーらが主体となり、「もう働かなくていい運動」も展開中だ。

たちまち大増刷!さらに詳しい解説を読みたい人はコチラ!

世界的な研究者たちと〝これから〟を考える!

『僕たちはもう働かなくていい』『僕たちはもう働かなくていい』堀江貴文/著 小学館新書 820円

AIやロボットによって、仕事や生活が今後どう変わるかを具体的に言及。専門用語や技術的な話は避け、重要なポイントだけをかみ砕いて伝えている。最近の著作の中では、飛び抜けて取材と考察に時間と手間をかけた力作!

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。