人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「年収が高い=給与に満足」じゃない!?給与の満足度が高い業界ランキングTOP3は?

2019.04.06

国税庁が毎年実施する民間給与実態統計調査によると、平成29年度の業種別平均年収で最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の747万円、最も低いのは「宿泊業、飲食サービス業」の253万円だった。

数字だけで比較すると誰もが「高いほうがいい」と考えるが、一見給与が高く見えても、仕事内容と照らし合わせると満足できない、と考える人もいるだろう。その逆も然り。

そこで、「キャリコネ」はユーザーによる給与の満足度評価(5点満点)をもとに、業界別のランキングを作成した。

給与の満足度が高い業界ランキング

平均年収のランキング結果と傾向は似ているものの、必ずしも「年収が高い=給与に満足」ではない。世間の水準より高年収でありながら、「評価制度の不透明さ・不公平感」「同業他社と比較した場合の不満足感」などから、給与の満足度を低く評価しているユーザーも多く見られた。

1位の証券業界は、一般的にも年収が高いことで知られる一方、以前は長い拘束時間や厳しいノルマなどのマイナスイメージもあった。最近では、働き方改革の影響もあり、ノー残業デーを設けたり、長期休暇を取得しやすくしたりするなど、環境は改善されつつある。目標設定が高いケースも多いようだが、それを達成して高年収を得ていることに満足感を持つ人も少なくない。

2位は医薬品業界。製薬メーカーのMRは、営業職のなかでも高年収で知られている。MRに限らず概して給与水準は高く、キャリコネに投稿された給与明細でも、20~30代で800万円程度という投稿が多く見られた。

3位は電気・ガス業界。キャリコネの年収ランキングでは医薬品・証券業界に届かなかったものの、仕事量や仕事内容の難易度を考慮すると、十分な額が出ているといった満足感が結果に表れた。

<調査概要> 「給与の満足度が高い業界ランキング」
調査内容:対象期間中に「キャリコネ」にユーザーからの評価が寄せられた企業を抽出し、業界別に「給与の満足度」評価の平均値を算出(5点満点)
対象期間:2016年4月1日~2018年3月31日
回答者:キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員

関連情報/https://careerconnection.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。