人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホ並みに普及する!?世界中で開発競争が過熱するAIを搭載したパーソナルモビリティー

2019.04.16

シンプルに乗るだけでなく自動追尾や呼び出しが可能

 アンドロイド以上に、世界中の大企業が開発競争を過熱させているのが「パーソナルモビリティー」だ。単なる移動手段としてではなく、AIを搭載し、あらゆる行動の利便性を向上させようとしている。

 注目は千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之さんが発表した「CanguRo」。ロボットモードとライドモードに変形し、前者は持ち主の後を自動追尾させたり、離れた場所からスマホで呼び出したりできる。後者はバイクの要領で人が乗ることができ、操作性もシンプル。乗車可能な〝AIロボット〟として、スマホ並みの普及を予感させるものだ。

乗馬のようなワクワクする乗り心地【CanguRo(カングーロ)】

CanguRo

 

ボタンひとつで2つのモードに変形。運転には多少のテクニックはいるが操作性はいたってシンプルで、自動ブレーキなど安全性にも十分な配慮がなされている。最高時速10km。ボディソニックスピーカー内蔵。

古田貴之さん古田さんも世界的に有名なロボット工学者。現在は産学連携にこだわって企画開発を進め、先頃はパナソニックとの共同で、AI搭載の次世代型ロボット掃除機のコンセプトモデルも発表。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。