人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホリエモンが緊急直言「僕たちはもう働かなくていい!世界が注目するAI×ロボットテクノロジーはコレだ」

2019.04.10

 

AI(人工知能)やロボット技術の進展が、仕事や生活の〝常識〟を変えつつある。こうした「最先端テクノロジー」と、私たちはどう向き合うべきか。最新刊『僕たちはもう働かなくていい』が絶好調の堀江貴文氏が、緊急解説する!

「働かなくていい世界」がいずれはやってくる

 AIの進化が、多くのテクノロジーやサイエンス分野に、急激な進化を促している。

 自動運転技術、電子決済、ネット通販、シェアリングエコノミーの普及など、これらもAIの技術が深く関わっている。 もはやAIがなければ、社会のインフラは成り立たない。そんな状況になりつつある。

 ここ数年、私はAI研究に関わる専門家たちとの対話を重ね、様々な知見を得てきた。この場での詳しい解説は避けるが、「ディープラーニング」の登場によって、AIは飛躍的な進化を遂げた。しかし今、AIはさらなる「進化のジャンプ」を遂げつつある。

 そのカギのひとつは、ロボット技術との融合にある。

 AIがロボットのような「身体性」、つまりは「手」や「足」を獲得した時、まずAI自身がさらに爆発的な進化のジャンプを果たすだろう。そして、多種多様な〝AIロボット〟が開発され、人間がやっていた仕事を請け負い、人々の生活を本格的にサポートする役割を果たし始める。

 いずれは「人が働かなくていい世界」がやってくるのだ。

 一方で、AIやロボットに仕事を奪われる……という悲観論もある。だが、奪われるという発想を持つ必要はない。私たちからAIやロボットの側に、面倒な仕事を受け渡すのだから。そして、私たちはやりたいことだけに没頭できるようになる。

 IT革命とグローバリズムにより、経済格差や情報格差、教育格差など、あらゆる分野で格差がどんどん拡大している。今後はAIやロボットを使いこなす人と、そうでない人との格差の拡大が始まる。使いこなす側が受けられる恩恵と、使いこなせない側の不利益は、これまでの格差とは比べものにならないほど、大きくなる。

 とてつもない「AI格差」の時代が、始まりつつあるのだ。

AIは、社会の仕組みや仕事の進め方をも変える

 AIやロボットの話なんて、自分には無関係だと高をくくってはいないだろうか? 大きな間違いだ。スマホの情報はもとより、ネットショッピングに医療、銀行の預貯金管理、交通インフラ、コンビニでのちょっとした買い物、住んでいる町の治安保持……あらゆる身近な場で、AIはすでに利用されている。この先、AIは社会の仕組みや仕事の進め方を、ひいてはこの世界全体のあり方までをも変えようとしているのだ。

 私はAI礼賛主義者ではないし、必ずしも理想郷を導いてくれると考えていない。だが、様々な不便や不幸を減らし、人々の生活をより快適にし、人間の新たな可能性を拓くツールであることは間違いない。そのことをしっかり認識したうえで、私たちは「人」と「AI×ロボット」が共存する世界のあり方を今すぐ考え直す必要がある。

 まずは、私が注目する「ERICA」「ibuki」「CanguRo」という、次世代型の〝AIロボット〟について、次ページで紹介したい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。