人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自宅に眠る不用品がお宝に!?フリマアプリの賢い使い方

2019.05.05

「フリマ」に関連する調査データの中から話題の記事を5つピックアップ!「フリマ」についての興味深いデータを紹介しよう!

フリマ

不要なブランド品の処分方法、ネットオークション、フリマアプリを抑えて圧倒的に多いのは買取業者だった

油断するとすぐに溜まっていく不用品。そのため定期的に断舎離する必要があるわけだが、それでも大枚をはたいて買ったブランド品は、どれだけ使用頻度の低いモノでも手放せずに「いつか使うかもしれないから……」とタンスの中にしまったままにしてしまいがちだ。 では、実際のところ、世間の人たちはどのような不要になったブランド品を所有し、またそれらをどのように処分しているのだろうか?

【参考】https://dime.jp/genre/687404/

引っ越しの不要品処分で小遣いを稼ぐ!フリマアプリへの出品でリピーターを増やすコツ

3月、4月は引っ越しシーズン。そのため、大掃除シーズンの年末同様、要らないモノが特に処分される月でもある。 こうした不用品を必要な人に譲ってお小遣い稼ぎをする方法として、フリマサイトが一般的になっているが、「出品慣れ」していないと何かと手間取ることも多い。 時に勝手がわからず、取引相手であるユーザーからマイナス評価を受けてしまうことさえあり得るだろう。

【参考】https://dime.jp/genre/683607/

1か月分の水道光熱費に相当!メルカリ1人当たりの平均月間売上額は1.7万円

あなたの自宅にもきっと眠っている「あるけど使わないモノ」。いつか使う時が来るかも知れない……けれど、その「いつか」がずっと訪れずにホコリ被っているモノが、1個や2個はあるのではないだろうか。 そんな不用品を処理する時に便利なのがフリマアプリ「メルカリ」だ。気軽に出品可能なうえ、ちょっとしたお小遣いもGetできるため、人気を集めているわけだが、今回この「メルカリ」について、売却経験のある約250万人を対象に、売上に関する利用動向の調査が年代、性別ごとに実施された。

【参考】https://dime.jp/genre/662016/

シニア世代のメルカリ利用実態、出品物の1位は「レコード」、購入物の1位は?

2018年11月7日に「みんなのかくれ資産調査委員会」より発表された、日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査から、「60代以上の女性が最も“かくれ資産”(不要品の二次流通想定額)を保有している」という結果が明らかになった。 この結果を受けたメルカリにより、帰省や大掃除など家庭内の不要品の整理・処分の機運が高まるのを前に、フリマアプリ「メルカリ」を利用する50・60代の利用動向に関する調査が行われた。

【参考】https://dime.jp/genre/641861/

大掃除は自宅に眠る不要品のお宝探しを!ひと目でわかる〝平成かくれ資産〟の価格表

「平成最後の大掃除」として盛り上がりを見せている(?)2018年末の大掃除シーズン。 フリマアプリ・メルカリがニッセイ基礎研究所監修のもと行った調査によると、自宅内に眠っている不要品“かくれ資産”の総額は日本全体で推計37兆177万円にのぼり、国民一人あたりに換算すると約28万円になるという。 この”かくれ資産”の価値を知ってもらうことで、“平成かくれ資産”の発掘、ひいては、平成最後の大掃除促進につながるのではないだろうか…

【参考】https://dime.jp/genre/640482/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。