人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.07

消防車の技術を応用!?細かい泡で全身トリートメントができる家庭用シャワー「KINUAMI」

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

消火を効率的に行う泡生成技術から生まれた、体に吸い付くきめ細やかな泡

シャワーから出た細かい泡で全身トリートメントができる「KINUAMI(絹浴み)」(税、送料込み込・4万3000円)が2019年7月24日まで、クラウドファンディング「Makuake」にて100台限定で支援受付を開始した。All or Nothing型で100台に達しないと生産されないが、4月4日の段階ですでに100名に達している。

今回のプロジェクトは、水回りなど住宅設備機器を製造販売するNITTO CERA、消防の分野で100年以上の歴史があるモリタグループ会社で防災機器メーカーのモリタ宮田工業、クラウドファンディングのMAKUAKEの3社で共同開発を行っている。

消防車などを製造しているモリタ宮田工業と、浴室周りのメーカーのNITTO CERAとの出合いは福祉系の展示会だったという。展示会のデモンストレーションでモリタ宮田工業の泡技術を見たNITTO CERAが浴室への応用はできないかと相談をしたのがきっかけとなった。

「体全体を覆う泡を作るには量的にも、また定着するような濃密な泡にすることも非常に難しい。消防車には消火を効率的に行う泡生成技術が搭載されており、消防で培った技術を、浴室に知見を持つNITTO CERAのシャワーヘッドに応用した。

絹浴みはシャワーヘッドから生成される、天然シルク由来の成分を配合した泡で全身をトリートメントし、洗った後も保湿感が得られるトリートメントシャワー。日常のシャワータイムをエステタイムに変えることができる」(モリタ宮田工業 KINUAMIプロジェクトリーダー 北里憲さん)

最大の特長は、体に密着する濃密な泡を作り出す独自開発の泡生成技術。理想の泡をシャワーヘッドから放出する技術の開発に約3年要した。3倍~20倍の発泡倍率の泡で検証し、放射された泡の滞留性、当たりの強さ、弾力性、伸びやすさの4項目の満足度を5段階評価し、一番適切な泡が生成できる発泡倍率11倍に整備されている。

さらに、発泡させた泡を細かく均一化させるところに技術のノウハウがあり、手では泡立てることができないキメの細やかさ、整った泡を作ることができる。画像で見ると一目瞭然で、手で泡立てると緩い泡になっているが、絹浴みは濃密で一か所に留まるしっかりとした泡になっている。全身に吸い付くように泡が密着するため、体から熱が逃げるのを抑え保湿を促進する。

専用トリートメント剤は国産天然シルクを扱っている専門メーカー「SILMORE」の天然シルク由来の保湿成分「フィブロイン」を配合。保湿力に優れ、肌にうるおいを与えることで乾燥を防ぐ。機器の本体上部の投入口からトリートメント剤を投入。1パック200ml入りで約10回分。プロダクトの価格には約1か月分のトリートメント剤3パックがセットになっている。トリートメント剤の追加購入は3パック1セットで想定価格税込4860円。使用できるのは専用トリートメントのみとなる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。