人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.05

米粒を10%大きく炊き上げる!さらに進化したパナソニックの最強炊飯器「Wおどり炊き」新モデル

「SR-VSX109」

パナソニックは、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き」の新製品として「SR-VSX9シリーズ」2機種を6月1日に発売する。

価格はいずれもオープン。予想実勢価格は0.5~5.5合炊きの「SR-VSX109」が110,000円前後(税別)、1合~1升炊きの「SR-VSX189」が115,000円前後(税別)。カラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

本製品では、「Wおどり炊き」の追い炊き工程をさらに進化させ、従来モデルより米粒を約10%大きく炊き上げることができる「加圧追い炊きplus」を新たに搭載。追い炊き工程時に圧力センサーで微細な圧力制御をし、1.05気圧の圧力を従来より長時間かけることで、ごはんの表面を崩さずハリを残しながら大粒に炊き上げることを可能にした。

また、時間のないときに短時間で炊ける従来の高速コースの工程を見直し、「スチーム高速コース」を新たに搭載。220℃スチームを追加し、火通りを向上することで、粒の中心の粘りが約15%アップ。最速24分炊飯の時短はそのままに、もっちりおいしいごはんに仕上がるという。

さらに、米の特性に合わせた専用プログラムで、銘柄ごとの特長を引き出す「銘柄炊き分けコンシェルジュ」に、2018年に本格デビューした山形県産「雪若丸」、富山県産「富富富」を新たに追加。業界最多の50銘柄を炊き分けることができる。

そのほか、玄米の炊飯時間を従来比約23 %短縮した「玄米高速コース」や、もち麦・押し麦が簡単に炊ける「麦ごはんコース」などを新搭載。

もちろん、昨年登場し話題となった、鮮度が落ちた「乾燥米」でも甘みやハリのある新米のようなおいしさを実現する「鮮度センシング」機能も搭載する。

関連情報
https://panasonic.jp/suihan/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。