人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.04

令和時代に給与が上がりそうな職種ランキング、3位YouTuber、2位ロボットクリエイター、1位は?

新元号が「令和」に決まったからといって、何かが劇的に変わるわけではない。現に、4月1日のその瞬間がお祭り騒ぎになっただけで、4月2日からはいつもの平穏な日常が続いている。

しかし、間もなくやってくる「新時代」の到来に、少なからず期待してしまうのが国民としての性分ではないだろうか。

そこで今回、全国の20歳~69歳の男女(全回答者、計1,000名)を対象に、令和時代についてのさまざまなアンケート調査が行われたので、紹介していきたい。なお、調査時点(2019年3月11日~3月12日)では新元号未発表だったため、本文では便宜上「ポスト平成時代」と表記していく。

令和時代に頑張りたいこと 1位「貯蓄」2位「健康」、30代男性では「仕事」が1位に

まず、全回答者(1,000名)を対象に、ポスト平成時代(令和時代)にどのようなことを頑張りたいと思うか尋ねる調査が行われたところ、「貯蓄」(46.4%)が最も高く、次いで、「健康」(36.2%)、「仕事」(31.3%)、「趣味」(27.5%)、「家族との関係」(24.1%)となった。

半数近くの人が、貯蓄に意欲を持っていることが明らかに。“人生100年時代”に備え、十分に生活資金を蓄えたいと考える人が多いのではないだろうか。

性年代別にみると30代男性では「仕事」が48.0%で最も高くなっている。また、20代女性では「美容」(43.0%)や「友人との関係」(32.0%)、30代女性では「貯蓄」(73.0%)、60代女性では「健康」(55.0%)が、それぞれ他の性年代層と比べて高くなった。性別や年代による、価値観や興味関心の違いが反映された結果といえそうだ。

ポスト平成時代に取り組みたい資産形成 「株式投資」が2位

令和時代に頑張りたいことの1位が「貯蓄」となったが、平成時代である現在は、どのように資産形成を行っている人が多いのだろうか。

全回答者(1,000名)を対象に、現在取り組んでいる資産形成を尋ねる調査が行われたところ、「円預金」(51.3%)が最も高く、次いで、「貯蓄性のある保険(年金保険、養老保険・一時払終身保険など)」(15.4%)、「株式投資(国内・海外)」(14.8%)、「投資信託(J-REIT含む)」(9.4%)、「外貨預金」(6.8%)となった。資産形成において円預金を活用している人が多いことが明らかに。

また、ポスト平成時代(令和時代)に取り組みたい資産形成について尋ねる調査が行われたところ、「円預金」(30.6%)、「株式投資(国内・海外)」(16.3%)、「貯蓄性のある保険(年金保険、養老保険・一時払終身保険など)」(10.7%)、「外貨預金」(9.4%)、「投資信託(J-REIT含む)」(9.1%)となった。

男女別にみると、「株式投資(国内・海外)」では男性が21.4%と、女性(11.2%)に比べて10.2ポイント高いという結果に。男性の2割以上が株式投資で資産形成に取り組みたいと考えているようだ。

資産形成に取り組むにあたって、資産の運用方法などに悩む人も多いと思うが、ロボットが自分に合った運用方法を提案してくれる“ロボアドバイザー”というシステムがある。

ポスト平成時代の資産形成に、ロボアドバイザーを利用したいと思うか尋ねる調査が行われたところ、『利用したい(計)』(「非常に利用したい」「やや利用したい」の合計、以下同じ)は34.8%となった。

年代別にみると、『利用したい(計)』の割合が高くなったのは20代(40.5%)と40代(41.5%)という結果に。

また、資産形成への取り組み状況別にみると、『利用したい(計)』の割合は、資産形成に取り組んでいる人では43.5%と、取り組んでいない人(18.3%)に比べて25.2ポイント高くなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。