人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.06

AT限定免許で乗れます!一度乗ったらやみつきになる900ccの3輪モーターサイクル「Cam-Am Ryker」

Cam-Amはカナダ生まれの3輪モーターサイクルである。前2輪、後1輪という構成で安定性と独自の操舵性を実現している。大出力、フル装備でツーリング向きの『Cam-Am RT』が登場した。次により軽量化されたSpyderが発売された。今回はさらに軽量化され、価格も税込135万9000円とスリムになったニューモデル『Cam-Am Ryker 900』でレインボーブリッジを走った!

AT化によってAT限定普通免許に対応!

Rykerのターゲットは60歳よりも若い年齢層で、ツーリングではなく短距離利用、郊外ではなく都市部で、リターンライダーでなく2輪経験のない人、男性だけでなく女性も視野に入れている。そのために、まずエンジンは600cc並列2気筒と、900cc並列3気筒として軽量化、これにCVTをつかったオートマチックトランスミッションを採用した。エンジンのパワーに見合うように車体を軽量化して、外装パネルの交換で7万5000通り以上の組み合わせが楽しめる。オートマ化したことで、AT限定の普通免許でも運転できるようになった。さらに600ccで税込135万9000円、900ccで159万9000円と大幅なプライスダウンを実現したのだ。

軽量化によってSPIDERを超える走行性能

従来のCam-Amのモデルは、豪華装備の重い車体を大出力でグイグイ引っ張るコンセプトだったが、Rykerはシングルシートで1人乗り(オプションで2人乗りにも対応、構造変更申請が必要)で収納ボックスなども極力省かれたスパルタンな仕様になっている。これより、600ccのパワーウエイトレシオは5.74kg/ps、900ccで3.63kg/psとなる。Ryker 900はスポーツ向けモデルのSPIDER F3の3.88を上回る数値なのだ。しかもシフトチェンジ不要なのでアクセルを開けるだけでどこまでも加速する。ちなみに4輪でスポーツカーを名乗るならパワーウエトレシオは4以下というの定説だ。例えばランボルギーニ『カウンタックLP400S』は3.83、『アヴェンタドールS』は2.10である。

私が試乗したのは900ccだが、充分に速い。信号からのスタートで乗用車に後れを取る心配はない。600ccは未体験だが、トヨタ86のPSが6.15なので、4輪ドライバーから見れば速い、2輪ライダーから見ればNIinja 250の5.55とほぼ同等、つまりニーハン並みの加速力と思えばいい。RTでは300kg以上あった車重が、今回は900ccで280kg、600ccで270kgまで軽量化され、その加速とハンドリングは確実に軽快になっている。

ズラリと並んだ試乗車。Ryker 600、Ryker 900に加えて900ccのRALLY EDITIONも用意されていた。ラリーエディションはサスとホイールなどが変更されたモデルで176万4000円(税込)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。