人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【動物園の歩き方】多摩動物園の飼育員が教えてくれたモグラ、チンパンジーの秘密

2019.05.11

【モグラ/チンパンジー】動物園を100倍面白くする豆知識を多摩動物園の飼育員にこっそり教えてもらいました!

なぜ8割のモグラは1年以内に死んでしまうのか?

「モグラといえば、ヘルメットをかぶり工事をしているイラストが頭に浮かびます。日本人はモグラに親しみを持っていますね。モグラは身近にいる動物ですが、普段は地中で生活している、目にすることができない動物でもあります。それを展示できているのは意味があることではないかと」と、語る熊谷さん。熊谷さんはエサに改良を加え、モグラを長生きさせることに成功した飼育員さんである。一体どんな改良を編み出したのだろうか?

【参考】https://dime.jp/genre/570939/

モグラの繁殖はパンダやコアラより難しいって知ってた?

「コアラも担当したことがありまして。5年間で2回、繁殖に成功しました。モグラの担当になったのも、繁殖を期待してのことだったかもしれません」と言う。 食生活を改善し、飼育のモグラを長生きさせることに成功した熊谷飼育員は、モグラという生き物の印象をこう語る。

【参考】https://dime.jp/genre/570963/

入社3年目社員の本音「チンパンジーからアレを投げつけられました」多摩動物公園・田口陽介さん

子供の頃から動物が好きでした。犬や鶏や熱帯魚やいろんな動物を飼っていた。動物飼育系を専攻した大学時代、上野動物園でボランティアやアルバイトを経験して。卒業後は東京動物園協会という組織に籍を置き、多摩動物公園には嘱託として配属になり、昨年正規採用になりました。  嘱託として配属になってすぐに、担当動物はチンパンジーと決まり、びっくりしました。お客として見ている時は運動場も広いし、いい展示だなと思いましたが、まさか飼育する側になるとは……。

【参考】https://dime.jp/genre/515880/

入社3年目社員の本音「18頭のチンパンジーは僕の家族です」多摩動物公園・田口陽介さん

多摩動物公園で飼育されているチンパンジーは国内の動物園で最大の18頭。新入りの田口さんはチンパンジーに相手にされなかったが、個体ごとに個性を把握し、信頼関係を築かなければならない。特に鉄格子越しにチンパンジーに触れることは、彼らの体調面を管理するためにも大切な作業だ。 「絶対に事故を起こしてはならない」それは至上命令だ。力の強い彼らとの毎日の握手は手のひらを握らず手の甲に触る。チンパンジーと格子越しに追いかけっこをして遊んだり、田口さんは徐々に彼らとの関係を築いていった。

【参考】https://dime.jp/genre/515891/

取材・文/根岸康雄
http://根岸康雄.yokohama

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。