人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電気自動車に対するイメージを一変させるジャガー初のSUV「I-PACE」の革新性

2019.04.07

水深50cmを安全に走破するレンジローバーさながらのパフォーマンス

ジャガーI-PACEはそれ以外にも、通信で行える自動アップデート機能など(自宅のパソコンからもOK)、最先端のインテリジェンスを備えているが、一方、ジャガーSUVらしい、レンジローバーの技術も加味した走破性もまた素晴らしい。何しろ水深50cmを安全に走破できる、レンジローバーさながらのパフォーマンスまで備えているのだ。もちろん、EVであっても車体下の水ぬれに対する安全性はしっかりと保証されているという。

1000万円前後の価格自体は決して安くはないが、ジャガーの無敵なエレクトリック・パフォーマンスSUV(4WD) として考えれば、そのパォーマンスは万能。決して高くはないと思える。車体前後のラゲッジスペースなど、使い勝手も抜群である。

実EV走行距離約350キロと見積もれば、東京~軽井沢のドライブも安心だろう(往復約340キロ)。無充電で往復できるかも知れないし、万一、バッテリーが減ってきても、自動で充電スポットを案内してくれるから、さらに安心。実は、軽井沢好き(いずれ移住?)の身としては、東京~軽井沢往復ができるかどうかが、EV選びの勝手なポイントになっている。

とはいえ、軽井沢にも、その途中の高速SAにも充電スポットはたくさんあるわけだが、せっかちすぎる性格と、ドライブは“犬連れ”が基本という点から、できれば充電なしで(充電の待ち時間なしで)走れ、ドライブを完結できるのが理想。ジャガーI-PACEなら、基本的な走行性能の素晴しさはもちろん、そのあたりもクリアしてくれそうだ。

ジャガーI-PACE
https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/i-pace/index.html

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。