人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.05

【AI時代の仕事術】既存のマーケティング手法を変えるスマホ動画広告のポテンシャル

日々急速に加速するIT化、そしてAI技術の進化。その発展の裏には新たなフィールドに金脈を見出した起業家たちがいる。彼らは金脈を掘り進むように、ベンチャー企業を創業しているが、掘り当てたものは近い将来、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めている。この企画はIT・AI分野の金脈掘削人に、掘り当てた“お宝”は何か。それが近未来の私たちの生活を、どう変えようとしているのかを訊く。

第1回は株式会社オープンエイト。代表取締役社長兼CEOは高松雄康。5G普及を目前に控え、スマホの動画広告にいち早く注目し、2015年4月に創業。動画広告の配信プラットホームを立ち上げ、既存の企業CMを配信。さらにCMの自社制作、そしてAIによる動画自動生成ツールの提供。調達した資金は総額約40億円。「今期の売上げは二桁億にいってます」(高松)。第2回目は高松の“マーケティングにおける金脈の発見の仕方”を紹介する。

第1話はこちら

10万円だったものを150万円で売ろう

渋谷区の雑居ビルの6階、ジャージのズボンを履いた高松雄康と、会議室で対座している。博報堂を退職後、化粧品等の美容系の口コミサイト、@cosme(アットコスメ)を運営するアイスタイルに役員として入社。疲弊した会社を立て直すための第一弾として、10万円で売っていた@cosmeのサービスを150万円で売れと指示を出す。

10万円でも売るのが大変だった@cosmeの広告を一気に150万円で売れという高松雄康の指示に、営業マンは戸惑った。

「い、いったいどうやって……」
「まずは一緒に謝りに行こう」
「ど、どこに?」
「広告代理店だよ」

それまでアイスタイルはメーカーと直接広告の取引をしていたため、大手絵広告代理店を敵に回していた。しかし、大手広告代理店は大手メーカーのCM制作や、雑誌への広告発注等を受け負うことで手数料を得ている。化粧品や美容業界も例外ではない。博報堂出身の高松は、そんな業界の構造を熟知している。

「今後は一切、直営はやりません。代理店を通して買います」高松は大手広告代理店に出向き、担当者に頭を下げた。そして「これからは口コミの時代が来ます。口コミは効果がある。うちのサイトは売れます」@cosmeのポテンシャルをセールスした。

@cosmeをキャンペーンの構造の中に組み込んでもらう形で、売り上げは伸びていった。これまで150万円の売上げを作るには、15社から仕事を取らなければならなかったが、代理店経由なら、1社で150万円の売上げが作れる。2社なら300万円だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。