人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【AI時代の仕事術】オープンエイト高松雄康CEOに聞くマーケティングの原点

2019.04.04

日々急速に加速するIT化、そしてAI技術の進化。その発展の裏には新たなフィールドに金脈を見出した起業家たちがいる。彼らは金脈を掘り進むように、ベンチャー企業を創業しているが、掘り当てたものは近い将来、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めている。この企画はIT・AI分野の金脈掘削人に、掘り当てた“お宝”は何か。それが近未来の私たちの生活を、どう変えようとしているのかを訊く。

第1回は株式会社オープンエイト。代表取締役社長兼CEOは高松雄康。5G普及を目前に控え、注目度が高まるスマホの動画だが、マーケティング業界に精通した高松はリッチコンテンツにいち早く注目し、2015年4月に創業した。

「動画」×「広告」に新たに金脈を見出し、配信プラットホームを立ち上げ既存の企業CMを配信。さらにCMの自社制作、そしてAIによる動画自動生成のツールの提供と、サービスを加速させている。これまで調達した資金は総額約40億円。「今期の売上げは二桁億までいってます」(高松)

そう話す“金脈掘削人”高松と、オープンエイトの金脈を3回に渡って紹介する。

情報発信の格差をなくすには?

渋谷区の雑居ビルの6階。70名ほどのスタッフの熱気が伝わる。ジャージのズボンを履いた高松雄康と、会議室で対座した。第1話は動画広告という金脈を掘り当てるまでの助走だ。高松のマーケティング奮闘記である。

「親父はビール会社の宣伝部にいました」

——では、幼い頃から宣伝関係に進みたいと。

「いえいえ、うちの家族は映画好きで。5才の時に親父に『戦場に架ける橋』を見せられた思い出があります。僕は映画好きでテレビも好きで。今の子がYouTubeを見るように、朝から晩までテレビを見ていた」

96年、エンターテイメント事業部がある博報堂に入社。大手自動車メーカーのCM制作担当に。販売店の数に合わせて、3人のチームで3ヶ月に20〜30本のCMを制作したこともある。博報堂には8年ほど在籍した。

「広報コンテンツの制作の仕事で、北海道や四国、山陰の町に行くと、都会と地方の情報発信の格差を痛感しました。この格差の解消はビジネスチャンスにつながる、マーケティングの真骨頂だなと漠然と感じていました」

情報発信の格差をなくす。後にオープンエイトの事業コンセプトの一つの柱は、このころから抱いていた。

ホリエモンやサイバーエージェントの藤田晋等、同世代のIT企業の経営者が、注目を集めている。ITが栄華を極める時代は目前に迫っている。憧れていた先輩も会社を去り、自分の道を歩んでいた。

当初は他界した父親が、退職金を元手に起こしたコンサルタント会社を継ごうと思ったが、経営の経験がない。退職金と自社株を売却して得た数百万円は、自腹を払って飲み歩いていた当時の借金に消え資金もなかった。そんな時、学生時代の友人の吉松徹郎から、「信頼できるメンバーで会社を再建したい」と、声をかけられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。