人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.02

キャッシュレス化が進むとATMの利用者はどこまで減るか?

インターネット調査を中心としたリサーチ会社であるマイボイスコム株式会社は、『ATMの利用』に関するインターネット調査を実施し、10,531件の回答を集めた。

直近1年間に「金融機関の店舗内・併設のATM」利用者は8割強、「コンビニATM」が4割強、「スーパー」は2割強

◆店頭で最も多く利用する支払い方法

店頭で最も多く利用する支払い方法は「現金」が53.3%、「クレジットカード」が31.6%、「電子マネー」が10.8%だった。

◆直近1年間の送金方法(複数回答)

直近1年間の送金方法は「インターネットバンキングでの振込・振替」「ATMでの振込・振替」が各4割強、「窓口での振込・振替」が1割強となった。「インターネットバンキングでの振込・振替」は男性での比率が高く、男性40・50代で各5割強となっている。なお、女性は「ATMでの振込・振替」が1位だった。

◆直近1年間に利用したATMの場所(複数回答)

直近1年間に利用したATMの場所は「金融機関の店舗内・併設のATM(銀行や郵便局など)」が82.7%、「コンビニエンスストア(コンビニATM)」が44.6%、「スーパー」が23.5%などとなっている。「コンビニエンスストア(コンビニATM)」は男性での比率が高く、男性10〜40代では各6割だが、女性50〜70代では各3割と低くなっている。

◆直近1年間ATM利用頻度

直近1年間ATM利用者のうち、「月2〜3回」利用者は44.9%、「月に1回」は28.8%だった。

◆直近1年間に利用したATMのサービス(複数回答)

直近1年間ATM利用者が利用したATMサービスは、「現金の引き出し」が91.7%、「預け入れ」が65.9%、「通帳記入」が52.1%、「残高照会」「現金での振込・振替」「カードでの振込・振替」が各2〜3割だ。「通帳記入」は女性高年代層での比率が高くなっている。

◆ATM利用に関する行動(複数回答)

ATM利用状況に関する行動では、「手数料が無料になる範囲・条件(時間帯・場所、取引条件など)を選んで利用する ※有料になる場合は利用しない」が79.4%、「ATMの手数料が無料・安くなる金融機関に口座を開設するようにしている」が25.2%、「他の口座への振込・振替はATMではほとんど行わない(ネットバンクなどで行う)」が10.4%だった。

◆ATM利用頻度の3年前と比べた変化

ATM利用頻度が、3年前と比べて増えた人(「増えた」「やや増えた」の合計)は1割強、減った人(「減った」「やや減った」の合計)は2割弱、「変わらない」が68.1%となった。利用頻度が増えた人の比率は、10・20代で3割と、他の層より高くなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。