人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食を通じたクリエイティビティ活動で充実した人生を過ごすヒント

2019.04.08

ハーバード大学やMITなど世界トップレベルの大学が集まる学術都市ボストンに住む人々から学んだ、心身共に豊かで健康な生活「ウェルネスライフ」という概念をご存じでしょうか? ウェルネスライフとは肉体的、精神的、そして社会的に良好な状態を目指す生き方です。

詳しくはコチラ

本連載「食から始まるウェルネスライフ」では、健康的な身体づくりや心の整え方など、「ウェルネスライフ」を実現させるための秘訣を、私たちが生活していく上で必要不可欠な「食」と絡めて紹介します。

今回は、「充実した人生に繋がる」とも言われている「クリエイティビティ活動」について紹介します。

クリエイティビティ(創造性)とは?

ウェルネスライフを送る上で重要な要素の1つに「クリエイティビティ」があります。

「クリエイティビティ(創造性)」と言うと、画家や音楽家などになる人が持っている特殊な才能をイメージしてしまいがちですが、クリエイティビティの意味は「新しい何かを自分の頭の中で考え創り出すこと」。

整理整頓しやすいように新しい収納スペースをつくったり、快適なお家時間を過ごせるようにインテリアをコーディネートしたりすることもクリエイティビティ活動に含まれます。

困ったことに直面した時に「改善するためにどうすればいいのか?」という課題意識を持ったり、「より良い(楽しい)状況・状態にするためにはどうすればいいか?」「自分らしさを出すためには何が必要か?」そのようなことを自分の頭で考えることこそが「クリエイティビティ」なのです。

クリエイティビティを持つことで人生は豊かになる

2016年11月に「Journal of Positive Psychology」に発表された論文で「クリエイティブ活動をすることは、充実した人生に繋がる」という事が明らかになりました。

これは、 658人のボランティアを約2週間にわたって観察したものです。参加者には、毎日クリエイティブな活動に費やした時間と、その日の気分(ポジティブかネガティブか)、そして日々の充実度を日記に記録してもらいました。

なお、ここで言う「クリエイティブな活動」とは、(1)新しいアイデアを思い付いた (2)独自の方法で自分自身を表現した (3)芸術的な追求に時間を費やした の3つで定義されています。

この実験の結果、参加者が「クリエイティブな活動をした」と回答した日の直後に、彼らは「夢中な状態になっている」「活気がある」、更には「人生が充実している」と回答したことが明らかになったのです。

仕事でもプライベートでもクリエイティビティを持つことで毎日が楽しくなる

仕事でもプライベートでも、「創造性(クリエイティビティ)」を持つことは重要です。少しのクリエイティビティを持つことで、毎日の生活がグッと楽しくなります。

例えば、上司からエクセルに数字入力するなど単純作業の仕事を依頼された時。ただ言われたことを「作業」としてこなすだけでは全く面白くありません。

「なぜ自分がこんな簡単な仕事をしなければいけないのか?」そんな愚痴を言いながら仕事をするよりも、「この日だけ数字が大きくなっている理由は何か?」「この項目とこの項目には相関があるのではないか?」など、「新しい発見」を求め、クリエイティビティを持って仕事をした方がはるかに楽しくなります。

クリエイティビティは鍛えられる

「クリエイティビティとは生まれ持った才能だから、今更どうしようもできない」という声をよく聞きますが、決してそうではありません。クリエイティビティは日々の生活で鍛えることができます。

「どうしたら新しくて面白いものが生まれるか?」「どのようにして自分らしさを出すか?」

毎日このように考えることを習慣にすることで、クリエイティビティを鍛えることができます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。