人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」チームラボが姫路市立美術館で4月にイベント開催

2019.03.28

永遠の今の中で連続する生と死 II / Continuous Life and Death at the Now of Eternity II

現実の時間の流れの中で、花々は生まれ、つぼみをつけ、咲き、やがては散り、枯れて、死んでいく。花は誕生と死滅を永遠に繰り返し続けていく。 作品の置かれた場所の日の出とともに作品世界も明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。そして、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていく。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。 あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の 状態が複製されることなく、変化し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う / United, Fragmented, Repeated and Impermanent World

繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目ごとに抽象化された世界とが、鑑賞者の存在により入り混じるインタラクティブ作品。

升目をピクセルとして見立て、空間が動いていきながらも、画面内で固定化された升目で抽象化していていくという新しい視覚効果を作り、鑑賞者の存在によって、繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目によって抽象化されて描かれた世界とが入り混じる。

【開催概要】チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい

teamLab: Born From the Darkness a Loving, and Beautiful World
会期: 2019年4月20日(土)~6月16日(日)
時間: 10:00~17:00(最終入場 16:30)
※4月27日(土)~5月6日(月)は、10:00~18:00(最終入場 17:30)
休館日: 月曜日
※4月29日(月)5月6日(月)は開館
会場: 姫路市立美術館 企画展示室(兵庫県姫路市本町68-25)
アクセス:
JR・山陽電車姫路駅より、神姫バス⑦または⑧乗り場から[3、4、5、61、62、64、81、82、84、86番]乗車約8分、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。姫路駅より徒歩約20分。

入場料
一般 1,400(1,200)円
大高生 1,000(800)円
中小生 600(400)円
未就学児 無料
※( )内は前売料金
※20名以上の団体は、前売券と同料金

チケット販売
姫路市立美術館(当日券のみ)
チケットぴあ(Pコード: 992-130)、ローソンチケット(Lコード: 53564)、セブンーイレブン、イープラス、CNプレイガイドなどの主要プレイガイド、コンビニエンスストア
※前売り券販売期間:3月8日(金)~4月19日(金)
※姫路市立美術館では当日券のみ購入可能。前売券は購入できません。

関連情報/https://www.teamlab.art/jp/e/himeji/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。