人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルノー新型「ルーテシア」vsプジョー新型「208」買うならどっち?

2019.03.31

 スーパースポーツカーと電動化モデルの存在が際立った2019年のジュネーブ・モーターショーだったが、コンパクトカーやSUVなど、そのほかのカテゴリーにも話題のニューモデルも数多く出展されていた。その中で一番の注目は、示し合わせたように2台揃ってお披露目されたフランス製コンパクトハッチバック、“ルノー・クリオ(日本名ルーテシア)”と“プジョー208”の新型だ。

ルノー

“ルノー5(サンク)”を始祖に持つルノー・クリオは新型で5代目を数える。先代は欧州市場の年間販売台数で1位に輝くなど、大きな成功を収めた。そのためか、スタイリングの変更幅は小さく、先代のフェイスリフト版かと勘違いしてしまうほど先代のイメージを色濃く残している。ボディサイズは全長4050×全幅1798×全高1440mm、ホイールベースは2583mm。先代と比べると全長は約50mm長くなったものの、全幅は50mmほど拡大した。

 キープコンセプトとなった外観とは異なり中身は大きく進化。“CMF-B”と呼ばれる日産と共同開発したコンパクトカー用の新しいプラットフォームをグループ内で初めて採用したほか、新たにハイブリッドのパワートレインを設定。ハイブリッドはルノーが独自に開発したもので、日産のeパワーとは別物となる。2つのモーターを1.6Lのガソリンエンジンに組み合わせたもので、市街地モードの燃費をこれまでの通常のガソリンエンジンに対して40%以上低減できるという。もちろん、通常のガソリン及びディーゼルエンジンも選べる。

 2014年のジュネーブ・モーターショーで3ドアのFFから5ドアのRRへとドラスティックに生まれ変わった3代目“トゥインゴ”が初のマイナーチェンジ。ダイムラーとの協業によって生まれたコンパクトな5ドアスタイルはそのままに、前後まわりのデザインを中心にリフレッシュが図られた。従来モデルと比べるとスッキリとした印象を受ける。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。