人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.29

関東エリアの売りたい街ランキング、3位八街、2位土浦、1位は?

いつかは所有したい「土地付き一戸建て」。どうせ住むのだったら、一生手放したくないと思うほど愛着のある街に住みたいものだ。ではその逆に、多くの人が何らかの事情で「手放したい」と考えている街は、いったいどこになるのだろうか?

そこで今回、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」へ不動産売却に関する査定依頼のあった住所をもとにした関東地方の「売りたい街ランキング 2019」を紹介していきたい。

「売りたい街トップ3は『平塚』『土浦』『八街』」

日本最大級の不動産売却一括査定サイト「リビンマッチ」で査定依頼件数が多かった関東地方の街(駅名)の集計が行われた。

1位は、2年連続湘南「平塚」。人口25万人都市・平塚市に所在する唯一の駅である平塚駅は、JR東海道線と湘南新宿ラインなどが通っているため、横浜や都内のターミナル駅へのアクセスが良好。

また、平塚市の「町丁別人口と世帯(推計人口による)」によると、人口は昨年1年で 502人減少しているものの、994世帯増加しているので、不動産の流動が多くあったと考えられる。

2位は、茨城県「土浦」(前年圏外)。土浦市には常磐自動車道の桜土浦と土浦北ICが通り、土浦駅はJR常磐線の始発・終点列車も多いため、電車に座っての通勤も可能。また、昨年3月に駅ビルが新装するなど再開発が進んでいる。

3位は、落花生の生産地で有名な千葉県「八街」(前年圏外)。バブル期に無秩序な住宅開発があり、その頃の住宅の売却依頼が多いのかもしれない。人口は年々減少しているが、世帯数は増加傾向にある。また、現在は
千葉県道22号千葉八街横芝線の八街バイパスの整備が進められている。

以下、4位は「黒磯」(前年圏外)と「水戸」(前年 42位)、6位「本厚木」(前年 49位)、7位「西八王子」(前年 31位)、8位「宇都宮」(前年 3位)、9 位「牛久」(前年圏外)、10位「鶴間」(前年圏外)となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。