人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マツダが「ロードスター」誕生30周年を記念した特別仕様車の予約受付を開始

2019.03.27

「ロードスター30周年記念車」 (写真は米国仕様車) 左:ソフトトップモデル「ロードスター」 / 右:リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」

マツダは、今年2月のシカゴオートショーで公開した「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の国内仕様となる特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を専用ウェブページで開始する。

1989年に誕生した「ロードスター」はこれまでの累計生産台数は100万台を超えている。今回、ロードスターの誕生30周年を記念して、オレンジ系の専用色「レーシングオレンジ」を採用した2つのルーフタイプの特別仕様車「ロードスター30周年記念車」を設定した。

「ロードスター30周年記念車」は世界3000台の限定で、国内販売台数は、ソフトトップモデルの「ロードスター」とリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」を合わせて150台を予定。

メーカー希望小売価格は消費税込みで3,682,800円~4,303,800円となる。ウェブページでの商談予約受付期間は、ソフトトップモデルが4月5日(金)から4月15日(月)、リトラクタブルハードトップモデルが5月27日(月)から6月10日(月)となる。

ちなみにソフトトップモデルについては、千葉県の幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2019」の会場において、リトラクタブルハードトップモデルについては、マツダブランド発信拠点である「マツダブランドスペース大阪」において、4月5日(金)より展示予定だ。

「ロードスター30周年記念車」の概要

ベース車
・ ソフトトップモデル「ロードスター」: RS(MT車)
・ リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」: RS(MT車)、VS(AT車)

特別装備
・ ボディカラー:レーシングオレンジ
・ RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)<30TH ANNIVERSARY 刻印入り>
・ “30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)
・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)
・ RECARO社製シート
・ BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
・ Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
・ アルカンターラをドアトリムやインパネ、シート表皮に採用
国内販売台数
・150台を予定。

価格

販売方法
・ 商談予約は、下記の専用ウェブページのみでの受付
URL: https://www.mazda.co.jp/beadriver/special/roadster_30th/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。