人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性100人に聞いた脱毛にかけるコスト、毛1本あたり片ワキ平均13.9円、片足8.0円、VIO20.0円

2019.03.29

剃っても剃っても、ポツポツと生えてくるムダ毛。これからの季節、肌を見せる機会も増えてくるので、冬場以上に入念なケアが必要になってくる。

しかし、自宅でのムダ毛ケアには満足がいかないものの、時間やお金がかかる本格的なムダ毛ケアには手を出しづらい…そんな“仕上がりとコスパ”のジレンマに悩む女性が多数いるという事実が、今回、パナソニックが女性106名を対象に実施した、「ムダ毛ケアとコスパ」に関する意識・実態調査によって明らかになった。

100%が脱毛には仕上がりのよさとコスパの両立が必要と回答! しかし、叶っているのは14%のみ

はじめに、現在ムダ毛ケアに使用しているアイテムを尋ねる調査が行われると、1位は「カミソリ」(76%)、2位は「電気シェーバー」(42%)、3位は「光美容器」(25%)が続いた。[グラフ1]

また、過去に本格的な脱毛に取り組んだ経験を尋ねる調査が行われると、「脱毛サロン」は66%、「医療脱毛」は16%が経験ありと回答。

続いて脱毛に対するコスパ意識について、「仕上がりのよさとコスパの両方を求めたいと思うか?」という質問に対して、100%の女性が「そう思う」「まあそう思う」と回答。[グラフ2]

しかし、これまで体験した脱毛手段に対し「仕上がりとコスパが両立していた」という人はわずか14%。理由としては「シェーバーで処理しているので、コスパはそれなりだが肌が荒れる」(40代後半)、「サロンだと仕上がりは悪くなかったが、料金が高かった」(30代後半)などの声が見受けられた。

さらに、仕上がりのよさとコスパ両方が叶う手段はなかなかないと思うと回答した人は92%で、多くの人が「仕上がりとコスパ」のジレンマに陥っていることがうかがえる結果となった。[グラフ3]

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。