人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.29

お値段なんと1100万ユーロ!宝くじが当たっても買えない世界に1台だけのブガッティ「ラ・ヴォアチュール・ノアール」

 3月5日のプレスデーから始まった2019年のジュネーブ・モーターショーが13日の日程を終え、3月17日にその幕を閉じた。来場者は60万人以上。残念ながら、2018年と比べると10%弱の減少となったが、公式ウェブサイトに約150万人以上のアクセスを得たという。今やモーターショーが盛況だったかどうかは来場者数では測りきれないのかもしれない。

 今年の目玉は大きく分けて2本。ひとつは電動化、そしてもうひとつがスーパースポーツカーだ。スーパースポーツメーカーの雄であるイタリアのフェラーリをはじめ、同じくイタリアでフェラーリと双璧をなすランボルギーニ、F1でもお馴染みのイギリスのマクラーレン、戦前からの長い歴史を持ち現在はフォルクスワーゲン傘下に収まるフランスのブガッティなど、世界の名だたるスーパースポーツメーカーが競うようにニューモデルを輩出したのである。

ブガッティ

 その中でもド肝を抜いたのが、今年で生誕110周年を迎えるブガッティが発表した“ラ・ヴォアチュール・ノアール”だ。世界で1台しか作られない超貴重なミドシップ・スーパースポーツ・クーペの価格はなんと1100万ユーロ。邦貨に換算すると約14億円だ。しかもこの価格は付加価値税を除いたものなので、実際に手に入れるには20億円以上が必要となる。クルマ好きの中には「宝くじが当たったらクルマを買おう」なんて言う人がいるが、このクルマは日本の宝くじの当選金額では買えない。ちなみに、すでに売約済みである。

 流麗なスタイリングは1930年代にたった4台しか作られなかったブガッティの名車、“タイプ57SCアトランティーク”がモチーフ。ボディはカーボンファイバー製で、ボディサイズは不明だが、ベースとなった“ブガッティ・シロン”よりはひと回り大きい感じを受ける。機能面は基本的にシロンと同じ。4つのターボチャージャーを備えた8.0L W型16気筒で、最高出力は1500ps、最大トルクは1600Nmを誇る。

 また、ブガッティのブースにはラ・ヴォアチュール・ノアールとともに、シロンの110周年記念モデル(下段上)と、2018年夏にアメリカのペブルビーチで行われたコンクールデレガンスで発表された“ディーヴォ”(下段下)も並べられた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。