人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.26

いきなり100タイトル以上の独占公開ゲームをラインアップ!アップルが始めるゲームの定額サービス「Apple Arcade」とは?

Appleは、Apple Arcade を発表した。Apple Arcadeはゲームのサブスクリプションサービスで、坂口博信、ケン・ウォン、ウィル・ライトといった多数の著名クリエイターのオリジナル作品を含む、100タイトルを超える独占公開の新作ゲームを提供する。

すべて制限なくプレイでき、広告が表示されたり追跡型広告に煩わされたりせず、追加課金の心配もない。

またAppleはApple Arcadeのゲームを厳選するだけでなく、開発費用を助成し、クリエイターと密接に連携するという。

このサービスでは、Annapurna Interactive、Bossa Studios、カートゥーンネットワーク、Finji、Giant Squid、KleiEntertainment、コナミ、LEGO、株式会社ミストウォーカー、SEGA、Snowman、ustwogamesなど、数多くのデベロッパのゲームを提供。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィル・シラー氏はこうコメントしている。

「App Storeは世界最大規模の、最も大きな成功を収めたゲームプラットフォームです。Appleは次に、Apple Arcadeでゲームをさらに進化させます。これは、モバイル、デスクトップ、リビングで楽しめる世界初のゲームのサブスクリプションサービスです。世界で最も革新的なゲームデベロッパ数社と連携して、iPhone、iPad、Mac、Apple TVのどれでもプレイできる、100タイトルを超える独占公開の新作ゲームを作り出しています。Apple Arcadeのゲームはファミリーにぴったりで、ユーザーのプライバシーを尊重し、広告が表示されたり追加課金を求められたりすることはありません。あらゆる年齢のプレイヤーにApple Arcadeは気に入っていただけると思います」

また、Apple Arcadeではそれぞれのゲームに前払いするのではなく、Apple Arcadeに登録するだけで、サービスで提供されるすべてのゲームを安心して試すことができる。

すべてのゲームに、ゲームの全機能、コンテンツ全体、将来のアップデートを含む完全な体験が含まれているので、追加課金を求められることがないのだ。

すべてのゲームがオフラインでプレイ可能で、多くのゲームがゲームコントローラに対応。Apple ArcadeのゲームはiPhone、iPad、Mac、Apple TVのどれでもプレイできるので、登録者はデバイスを切り替えてもゲームを中断したところから続けられる。もちろん新作ゲームも定期的にサービスに追加される。

Apple Arcade は、2019年秋に150か国以上でApp Storeの新しいタブから提供開始され、iOS、macOS、tvOSのどれでも利用可能だ。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。