人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Face IDってどんな状況でも使えるの?iPhone XSとiPhone XRの顔認証機能を徹底比較

2019.03.30

昨年秋に発売されたiPhone XSとiPhone XR。

X以降の機種からTouch ID(指紋認証)は廃止され、認証はパスコードの入力とFace ID(顔認証)の二つのみとなりました。

それではXSとXRのFace ID(顔認証)機能の使い方はどうすればいいのか? 認証レベルはどれくらいか? 徹底検証します。

iPhone XS/XRのFace ID(顔認証)はマスクをしていても大丈夫?

マスク大国・日本。その使用率は著しく高く、日本衛生材料工業連合会の発表によると2017年の家庭用マスクの生産・輸入数量は40億枚を突破したそうです。

それでは、iPhone XS/XRのFace IDは、マスクをしていても顔を認証してくれるのでしょうか。実際に試してみたところ、XSもXRも「鼻までマスクをしている状態」では反応しませんでした。

しかし、少しマスクを下げて「口だけを覆う形」にしてみたところ、Face IDは認証されました。どうやら鼻の頭を中心に人の顔を認識しているようです。

マスクをした状態で顔認証を行う場合は、少しマスクを下げて認証するのが確実です。

またFace IDは学習機能を持っているため「どうしてもマスクを外したくない!」という方は、Face IDに「マスクをしている自分の顔」を覚えさせるのも一つの手です。

マスクをした状態で「顔認証→認証不可→パスコードを打ち込む」を繰り返してみてください。

Face IDが徐々に「マスクをした状態の貴方」を学習・記憶し、マスクを付けた状態でも認証されることがあります。ここで大切なのは、「顔認証不可」になってからマスクを取らず、根気よくパスコードを打ち込むこと。

これをしないと、マスク顔の貴方=正しいパスコードを打ち込んだ本人。

という紐付けがFace IDにはできないのです。

マスクをした状態の顔は登録できる?

iPhone XS/XRでは1つのデバイスで2つの顔登録が行えます。

そこで『マスク装着時の顔を認証しないのであれば、マスクをしている顔を予め登録しておけばよいのでは?』と思い立ち、マスクをしながら認証を行ったところ、『顔の認識が妨げられています』と表示され、登録できませんでした。

眼鏡やサングラスをかけた状態での登録は可能でした。

ちなみにペットボトルを飲んでいる状態やタバコを口に咥えている状態でも、ロックは解除されました。

iPhone XS/XRのFace ID(顔認証)は眼鏡やサングラスをしていても大丈夫?

それでは眼鏡やサングラスをしている場合の認証反応はどうでしょう。今回は色の異なるサングラスとスポーツサングラスで試してみました。

まず少し黒の薄い下図のサングラスで顔をかけて実験してみます。

結果
iPhone XS:問題なく認証
iPhone XR:問題なく認証

次に少し黒の濃い下図のサングラスをかけて実験してみます。

結果
iPhone XS:問題なく認証
iPhone XR:問題なく認証

最後にかなり黒の濃いスポーツグラスで実験してみます。

結果
iPhone XS:問題なく認証
iPhone XR:問題なく認証

と、三種類のサングラスをかけて実験してみたところ、なんの問題もなく全て認証してくれました。ただし、当然ですがサングラス+マスクの状態では、両機種で認証されませんでした。
※偏光グラスを着用している場合は、上手く認証できない場合があるようです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。