人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

50代社員の残業が少ない会社ランキング

2019.03.24

定年退職も視野に入り始める50代の残業時間が短いのはどの企業なのか。今回はキャリコネが発表した「50代の残業が少ない企業ランキング」をユーザーのコメントと一緒に紹介しよう。

50代の残業が少ない企業ランキング

2017年の厚生労働省の統計調査によると、日本の一般労働者の平均勤続年数は12.1年。これを今回のランキング上位企業の2018年3月31日現在の数値と比較すると、1位のパナソニックは22.9年、2位のシャープは22.8年と、日本の全体平均より勤続年数がかなり長くなっている。

1位:パナソニック(残業20.2時間/月)

「残業は月40時間以内と決まっており、現実は20時間程度。休日出勤はない。残業分の給料は支払われる。不満はない。今現在は20時までに退社するよう上司から指示がある。ということで残業はそこそこで給料もやった分は支払われる」

(技術関連職/50代後半男性/年収750万円/2017年度)

2位:シャープ(残業21.8時間/月)

「仕事が溜まったときや、仕事の締め切りが近づいたときは、残業、休日出勤を申請しています。各自が仕事の効率化を真剣に考えて行動するようになっています。そのための啓蒙活動も全社で盛んに実施されています。残業がしにくくなったことで、自己啓発や家庭サービスにも力を入れることができます」

(ハードウェア関連職/50代前半男性/年収700万円/2015年度)

3位:日本アイ・ビー・エム(残業27.3時間/月)

「裁量制なので残業代はゼロ。残業・休日出勤は強制されるものではないし、残業・休日出勤が多ければ貢献度が高いと評価されるものでもない。要領良く仕事をして残業を作らなければ良く、合理的なオペレーションといえる」

(プリセールス/50代前半男性/年収1100万円/2013年度)

「50代の残業が少ない企業ランキング」

調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に50代のユーザーから給与・残業情報が10件以上寄せられた企業

対象期間:2013年4月1日~2018年3月31日

関連情報/https://careerconnection.jp/

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。