人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.25

ハッセルブラッドが中判ミラーレスカメラX1D-50c用アクセサリー「レリーズコードX」と「バッテリー充電ハブ」を発売

ハッセルブラッド・ジャパンは、中判ミラーレスカメラ「X1D-50c」で利用できるアクセサリーとして「レリーズコードX」と「バッテリー充電ハブ」を4月に発売する。

価格はいずれもオープン。参考価格は「レリーズコードX」が9,360円(税別)、「バッテリー充電ハブ」が17,460円(税別)。

ハッセルブラッドは、1941年に設立されたスウェーデンのカメラメーカー。X1D-50は、同社が2016年に発売した43.8×32.9mmの5000万画素CMOSセンサーを搭載した中判ミラーレスカメラとなる。

今回登場のリモートシャッターを可能にする「レリーズコードX」は、耐久性のある90cmの布引ケーブルをX1D-50cのマイク入力ポートに接続し、リモートレリーズのボタンを押すことで振動を最小限に抑えることができるのが特徴。

連写モードでボタンを押し続けると複数枚の撮影が可能で、カメラをマニュアルフォーカスモードに設定すると、即座にシャッターを切ることができる。

「バッテリー充電ハブ」は、デュアルスロットによりふたつのバッテリーの同時充電をサポート。内蔵のUSBType-Cコネクターは内蔵電源または一般的な外付けUSBバッテリーからの電源供給に対応する。

第1世代の3200mAh Xシステムバッテリーと、現行の3400mAhバッテリーに対応し、後者は前者よりも最大25%速い急速充電をサポートする。

また、前面のLEDは充電時のステータスと容量を示し、バッテリー充電ハブにバッテリーを挿入してボタンを1回押すだけでバッテリーの残量を確認することが可能だ。

関連情報
https://www.hasselblad.com/ja-jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。