人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発売前にその実力をガチ検証!「Galaxy S10」は最強スマホか?

2019.03.26

トリプルカメラの実力は? 画質向上で暗所にも強い

 背面には3つのカメラが搭載されている。これまでのGalaxyシリーズは標準とズームを切り替えていたが、ここに超広角が新たに加わった格好だ。F1.5とF2.4を明るさに応じて自動で切り替える、デュアルアパチャーも継承されている。また、AIが30種類のシーンを判定し、最適な画質補正を自動でかける機能にも対応する。

背面には、超広角を加えたトリプルカメラを搭載

 まずは、3つのカメラの画角の違いを見ていこう。下に掲載した写真は、上から超広角、標準、ズームの順になる。超広角では、建物が上までしっかりとフレームに収まっているのに対し、標準では一部が切り取られた形になってしまう。ズームだと、さらに一部分しか撮れない。超広角はワイドレンズの宿命か、標準カメラなどと比べると歪みはあるものの、標準のカメラでは撮れなかった範囲をしっかりカバーできている。

超広角だと建物がすべて収まる

標準カメラで撮ると、上部が写らない

2倍ズームで一部に寄ることも可能だ

 切り替えのUIも、画面内に表示されたボタンをタップするだけとシンプル。この部分を長押ししたあと、左右にスライドさせるとデジタルズームを組み合わせた形で倍率を変更できる。あたかもズームレンズを動かして倍率を調整できるようなUIだが、0.9から1倍になるときは、写している範囲が少しだけ変わってしまう。ワイドレンズとの整合性を取るのが難しかったのかもしれないが、完全なシームレスにはならなかったようだ。

ズームボタンをタップするだけ

スライドさせて、細かく倍率を切り替えることも可能

 画質も高く、やや暗い場所でもディテールまで破たんがなく、しっかり映し出されている。ビルのネオンや明かりが強い夜景を撮っても、白飛びが少なく、きっちりHDRが効いている。ちなみに、ビルの明かりが十分あったためか、以下の作例ではF値が2.4のままだった。明るい場所の面積を減らし、夜空を中心するとF1.5に切り替わったが、逆にライトの部分が不自然に明るくなっている感もある。

暗い場所でもしっかりディテールが写っている

F1.5で撮った夜景の写真

 Galaxy S10+は、インカメラもデュアルになっており、深度を取れるため、「ライブフォーカス」も利用可能だ。ライブフォーカスで撮ると、背景をキレイにボカすことができる。ボカしのエフェクトは4種類から選択可能だが、撮ったあとの変更にも対応している。肌のトーンなどを自然に補正する機能もあり、画質は非常に高い。セルフィーにも強い端末といえるだろう。

インカメラでライブフォーカスを利用できる。エフェクトは後から変更可能

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。