人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.07

ビジネスパーソンに人気の習い事「マインドフルネス」で得られる4つのメリット

春の新生活がスタートした後、新しい習い事をはじめたいと思っているビジネスパーソンも多いのではないだろうか。そこで今回は、今ドキのビジネスパーソンの間でトレンドになっているハイセンスな習い事の一つ、「マインドフルネス」について取り上げる。ビジネスパーソンにとってのメリットや、内容、続けるコツなどを東京近郊でマインドフルネス認定講師として各種瞑想会を開催している赤崎理恵子さんに聞いた。

マインドフルネスの習い事を始めるメリット

マインドフルネスの習い事を始めると、ビジネスパーソンにとってどんなことに役立つのだろうか? 赤崎さんに聞いた。

「マインドフルネスを実践することで期待てきる効果はさまざまありますが、ビジネスパーソンとしてのベネフィットは大きく以下の4つがあると考えます」

1.仕事のパフォーマンスが向上する
2.ストレスが減る、ストレスへの対峙力が上がる
3.共感力が上がる、チーム力が上がる
4.体調が整う

1.仕事のパフォーマンスが向上する

「マインドフルネス瞑想とは、『今自分に起きていることを、あるがままに認識する』自己啓発に用いられるメディテーション エクササイズです。普段、私たちの頭の中では自動操縦的に思考が動き続けているといわれています。思考の連続によって脳が疲弊しストレスを感じることにつながるにもかかわらず、必ずしも今に必要のない思考も多くを占めているといわれています。マインドフルネスは今に意識的にいることを練習していくことで、無駄な脳の動きを緩めます。結果、集中力や記憶力の向上、アイデアが閃きやすくなるなどの効果が得られるようになり、仕事のパフォーマンス向上が期待できるようになります」

2.ストレスが減る、ストレスへの対峙力が上がる

●ストレス感情を手放せる

「マインドフルネスは“気付きの瞑想”とも呼ばれています。頭の中の雑念に気付くたびに今に戻る練習をします。気付きとはストレス感情を手放せるきっかけを得る瞬間です。脳科学的にも8週間の実践により、心の不調が40%ダウン、ストレス時に増える扁桃体の一部が5%減少したという研究結果があります。何ごとも気付きから物事は始まるものです。

例えば過去のトラウマに対する後悔や怒りのようなストレスや、起きてもいない未来への不安から今の行動を決めるのではなく、今の起きていることをそのまま受け止めれば良いのだと気付くことから前向きな捉え方ができるようになります。情報や仕事に追われている脳を休めることで、心身共に改善されるわけです」

●ストレスへの対峙力が上がる

「あるがままに物事を捉える練習をしていくことは、瞬間に湧き上がる感情を所有しそのままに受け止め対応ができることへつながります。すなわちストレスへの対峙力が上がります。仕事上のトラブルを減らすことはできませんが、起こるトラブルに対する対峙する力や柔軟性が上がりますので、結果、ストレスと感じる程度も軽くなっていくという相乗効果が期待できます」

3.共感力が上がる、チーム力が上がる

「瞑想により共感力が上がります。今に意識的でいることで“今”という体験から得る情報量が増えます。仕事は一人で完結することは少ないと思います。何名かのメンバーと共同作業によって仕事を遂行していくことが多いでしょう。“今にいる”ことでメンバーの体調や心の状態を観察できるようになり、今まで以上に気付きを得やすくなるでしょう。仕事とは直接的に関係ないことですが、適切な声かけをすることは、仕事を円滑に進める上で重要な意味を持ちます。また実際に衝突が起きた際にも、ストレス対峙力が向上されていますので、早い改善・解決が見込まれます。つまりリーダーシップ力が上がり、チームのパフォーマンス向上が期待できるわけです」

4.体調が整う

「脳が休まり、ゆとりが出てくることで心身共に整う話をしました。ストレスが減ることで自律神経が整い免疫力が上がり体調への改善も期待できるといえるでしょう。研究では8週間の瞑想で体の不調が35%改善したという報告もあります。

マインドフルネスを継続することで肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも満たされた健康的な状態、well-beingを目指すことができるのです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。