人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルノー、日産、三菱がMicrosoft Azureを活用した新しいプラットフォームをローンチ

2019.03.22

ルノー、日産、三菱自動車は3社が車両を販売している200に及ぶ市場のほぼすべてで、コネクテッドサービスの提供を可能とする新しいプラットフォーム「アライアンス インテリジェント クラウド」の立ち上げを発表。Microsoft Azureによるクラウド、人工知能、IoTの技術を活用して展開される。

Azureは、コネクテッドカーから得られる膨大なデータに基づいた高度なサービスの実現に必要となる、安全に車両データを保持、管理、分析するためのプラットフォームを提供。

ルノー、日産、三菱でコネクテッドカーの開発を担当するアライアンス グローバル バイスプレジデントのカル モス氏はこうコメントしている。

「我々はマイクロソフトとの協業を通じて、ルノー、日産自動車、三菱自動車のお客さまのデジタル体験を一変させる強力かつ大規模なコネクティビティプラットフォームの展開を進めています。今回、我々はアライアンスの規模を活用した自動車業界の先導役となるプラットフォームを構築しました。」

マイクロソフトのエグゼクティブ バイスプレジデント 兼 グローバルセールス マーケティング & オペレーション プレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏はこう述べた。

「ルノー・日産自動車・三菱自動車は長年のパートナーであり、マイクロソフト コネクテッドビークル プラットフォームの最初の戦略的パートナーでもあります。本日のアライアンス インテリジェント クラウドの立ち上げにより、Azureによる新世代のコネクテッドサービスの提供が可能となります。」

アライアンス インテリジェント クラウドを活用した最初の車種はルノーの新型「クリオ」と、日本および欧州で販売される「日産リーフ」の一部のモデルになるという。

これらはマイクロソフトのコネクテッドビークル プラットフォームが大規模に利用される最初の車両だ。

アライアンス インテリジェント クラウドを活用することで、車両からインターネットへのアクセスがシームレスとなり、インフォテインメントサービスだけでなく、高度な遠隔診断、継続的なソフトウェアの展開、ファームウェアの更新も可能。

アライアンス インテリジェント クラウドは極めて拡張性の高いプラットフォームであり、以前から使われているコネクテッドカー用のソリューションと、現在および将来のコネクテッド機能、モビリティサービスを支える業務ソリューションを一つに統合。

データに基づいたプラットフォームを導入することで高度な人工知能や分析シナリオが利用できるようになるほか、新たなイノベーションやビジネス戦略を市場投入するため時間を短縮化することが可能になる。

関連情報:http://www.nissan.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。