人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大容量、高寿命、価格が安い、この春買い替えたいブルーレイレコーダーのおすすめ13選

2019.03.23

キレイな映像をそのまま保存するには、ブルーレイが最適だ。ブルーレイレコーダーの多くは内蔵HDDとBD(ブルーレイディスク)、どちらにも録画できる仕様になっていることが多い。

本記事では、価格の安い・大容量・高寿命それぞれのおすすめブルーレイレコーダーを紹介する。目的に合わせて、特徴を比較してみよう。

【目次】

価格の安いおすすめブルーレイレコーダー

容量が大きい/増設できるおすすめブルーレイレコーダー

高寿命のおすすめブルーレイレコーダー

価格の安いおすすめブルーレイレコーダー

はじめに、価格が安くコスパの良いおすすめブルーレイレコーダーを紹介する。価格は手頃だが、十分な機能が備わったモデルも多い。はじめてブルーレイレコーダーを購入する方は、ここで紹介するものから試してみてはどうだろうか。

パナソニック おうちクラウドDIGA DMR-BRW550(500GB)

パナソニック おうちクラウドDIGA DMR-BRW550(500GB)

パナソニックのおうちクラウドDIGA DMR-BRW550は、録画した番組をスマホで楽しめるブルーレイレコーダー。「LINE」を使い、気になる番組を検索したり録画予約したりできるのも魅力だ。(CLUB PanasonicのLINE公式アカウントの友だち登録が必要)

HDD容量は500GBで、有線LANに対応している。

出典 公式サイト|パナソニック おうちクラウドDIGA DMR-BRW550(500GB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

ソニー SONY BDZ-ZW550(500GB)

ソニー SONY BDZ-ZW550(500GB)

BDZ-ZW550は、ソニーのブルーレイレコーダーの中でも価格が安いのが特徴。価格は安いが、必要な機能はしっかりと兼ね備えているため「コスパの良い」商品と言える。

多くの人に録画予約されている番組がわかるランキング表示機能も面白い。タレント名・キーワード・ジャンルを登録しておけば、関連する番組を自動で録画してくれるのも魅力だ。

出典 公式サイト|ソニー SONY BDZ-ZW550(500GB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

シャープ AQUOS BD-NW520(500GB)

シャープ AQUOS BD-NW520(500GB)

シャープのAQUOS BD-NW520は、再生時の機能に優れたブルーレイレコーダー。録画番組の再生中に「再生ボタン」を押すと「早見・早聞き再生」になり、音声付きの1.5倍速で再生が可能。録画した番組が多くなった時に活用できる。

さらに、リモコンの「メニューボタン」からは録画番組を5分ごとに子画面表示してくれるため、見たいシーンから再生することもできる。

出典 公式サイト|シャープ AQUOS BD-NW520(500GB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

FUNAI フナイ FBR-HW510(500GB)

FUNAI フナイ FBR-HW510(500GB)

FUNAIのFBR-HW510は、「AI録画」に対応しているブルーレイレコーダー。自分がよく選ぶ番組のジャンル・番組名・途中で視聴をやめた番組を分析し、好みにあった番組を学習してくれる。おすすめの番組は自動で録画してくれるため、使えば使うほど自分好みの番組を楽しめるようになるのが面白い。スマホからの録画予約操作も可能。

出典 公式サイト|FUNAI フナイ FBR-HW510(500GB)

東芝 REGZA DBR-W508(500GB)

東芝 REGZA DBR-W508(500GB)

東芝のREGZA DBR-W508は、スマホとの連携に優れたブルーレイレコーダー。「スマホdeレグザ」機能では、スマホの録画リスト・時短リストを選ぶことでテレビ・スマホで「時短再生」を楽しめる。さらに、スマホを再生専用リモコンとして使用したり、サブディスプレイとして使用したりもできる。

出典 公式サイト|東芝 REGZA DBR-W508(500GB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

容量が大きい/増設できるおすすめブルーレイレコーダー

ここでは、「内蔵HDDの容量が大きい」「後から容量を増やせる」おすすめブルーレイレコーダーを紹介する。容量の大きいものは、同時録画に対応している機種も多いため「何番組まで同時録画できるか」にも注目してみよう。

日立 DVL-BRT20(1TB)

日立  DVL-BRT20(1TB)

日立 DVL-BRT20は、1TBのHDD容量を備えたブルーレイレコーダー。最大で1350時間の録画ができる。外付けハードディスクを使えば、さらに容量を増やすことも可能。

0.8倍速再生を活用すれば、音声がゆっくり・はっきりと再生されるため、語学学習などにも最適。チャプター編集機能を使えば、好みのシーンだけを残すこともできる。

出典 公式サイト|日立 DVL-BRT20(1TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

パナソニック おうちクラウドDIGA DMR-SUZ2060(2TB)

パナソニック おうちクラウドDIGA DMR-SUZ2060(2TB)

パナソニックのおうちクラウドDIGA DMR-SUZ2060は、HDD容量2TBのブルーレイレコーダー。予約した番組をUSB接続により、別売りのハードディスクに録画することも可能だ。USB3.0に対応しているUSBハードディスクを使えば、最大3番組(「新4K衛星放送」と従来の放送2番組)の録画ができるのも魅力だ。

出典 公式サイト|パナソニック おうちクラウドDIGA DMR-SUZ2060(2TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

パナソニック DMR-BRX2050(2TB)

パナソニック DMR-BRX2050(2TB)

パナソニックのDMR-BRX2050は、HDD容量2TBのブルーレイレコーダー。最大6チャンネル・16日分の「自動録画機能」を活用すれば、録り忘れの心配もいらない。

また、話題のドラマの1話目をまとめて見ることもできるため、お気に入りの番組を見つけやすくなるのも魅力だ。

出典 公式サイト|パナソニック DMR-BRX2050(2TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

東芝 レグザ DBR-M1007(1TB)

東芝 レグザ  DBR-M1007(1TB)

東芝のレグザ DBR-M1007は、HDD容量1TBのブルーレイレコーダー。最大7チャンネルの番組を常時録画する「タイムシフト」に対応している。

外付けHDDを使用することで、容量は最大6TBまで追加することも可能。1台のハードディスクで「タイムシフトマシン録画領域」と「最大3チャンネルの通常録画」「保存領域」の割合を変更することもできる。

出典 公式サイト|東芝 レグザ DBR-M1007(1TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

パナソニック 全自動ディーガ DMR-UX7030(7TB)

パナソニック 全自動ディーガ DMR-UX7030(7TB)

パナソニックの全自動ディーガ DMR-UX7030は、HDD容量7TBのブルーレイレコーダー。最大で10チャンネル・28日分もの自動録画機能は珍しい。スカパー!HDの録画にも対応している。

「外からどこでもスマホで視聴」機能により、どこでも録画した番組をスマホ・タブレット・パソコンで楽しめるのもポイント。

出典 公式サイト|パナソニック 全自動ディーガ DMR-UX7030(7TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

高寿命のおすすめブルーレイレコーダー

最後に、高寿命なおすすめブルーレイレコーダーを紹介する。ブルーレイレコーダーにはHDDが内蔵されているため、熱やホコリにより故障してしまうことも少なくない。ここでは、劣化や故障に強いモデルをピックアップしたので「買ったものは長く使いたい」という方は、ぜひ参考にしてほしい。

パナソニック DIGA DMR-BRG1030(1TB)

パナソニック DIGA DMR-BRG1030(1TB)

パナソニックのDIGA DMR-BRG1030は、寿命の長さに定評のあるブルーレイレコーダー。外付けHDDモデルになっているため、内蔵のハードディスクが故障したとしてもそのまま使用できる。

「ハイレゾリマスター機能」では、視聴している放送番組・BD・DVD・保存したCD・録画番組をハイレゾ相当の音質で楽しめる。

出典 公式サイト|パナソニック DIGA DMR-BRG1030(1TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

シャープ AQUOS BD-UW2200(2TB)

シャープ AQUOS  BD-UW2200(2TB)

シャープのAQUOS BD-UW2200も高寿命で知られるブルーレイレコーダー。

耐塵対策と光学性能の改善により、ドライブの耐久性を大幅に向上させた。新開発された「ホコリシールドBDドライブ」で密閉度を高め、ホコリを防いでくれる。

4K高画質で映画を楽しめる「Ultra HD ブルーレイ再生」にも対応。

出典 公式サイト|シャープ AQUOS BD-UW2200(2TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

ソニー SONY BDZ-ZT2500(2TB)

ソニー SONY BDZ-ZT2500(2TB)

ソニーのBDZ-ZT2500は、本体部への負担を減らすことで長寿命を実現したブルーレイレコーダー。無線LAN内蔵モデルのため、スマホから録画した番組を視聴できる。本体部・リモコンに触れる機会が少ないため、劣化しづらい。

外付けHDDでの容量追加はもちろん、買い替え時のバックアップも可能。

出典 公式サイト|ソニー SONY BDZ-ZT2500(2TB)

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。