人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子どもの学校への携帯電話持ち込み、低学年ほど保護者の賛成多数

2019.03.22

2019年2月、政府より「小中学生がスマホや携帯電話を学校へ持ち込むことを “原則禁止”とした2009年の文科省通知を見直す」との発表があった。

スマホの所持率上昇、防犯・防災ツールとして有効であることに着目してこのような決定がなされたわけだが、実際のところ世の保護者は、この発表に対してどのような考えを持っているのだろうか?

今回、小・中学生の子を持つ全国20~59歳の保護者1,000人を対象にしたアンケート調査が実施された。

所有する携帯電話の種類、小学生は「キッズ携帯」がメイン。中学生では過半数が「スマホ」

そもそも小学生や中学生は、どのような種類の携帯電話を持っているのだろうか。そこでまずは「キッズ携帯」(※1)「ガラケー」「キッズ向けスマホ」「スマホ」の4種類に分け、学年グループごとに所有状況を確認する調査が行われた。

小学生ではどの学年グループでも最も多いのは「キッズ携帯」だった。「スマホ」は小学校中学年までは10%未満だが、高学年になると19%に上がる。中学生になると「スマホ」が57%とダントツで、過半数が所有していた。

なお、“携帯電話の所有率”を確認すると、小学校低学年では29%、中学年では43%、高学年では56%、中学生は71%という結果に。小学校高学年からは半数以上がいずれかの携帯電話を所有していることが明らかになった。

※1:キッズ携帯…特定の連絡先への電話やメール以外はできないなど、子供向けに機能が限定されている携帯電話

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。