人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

半透明の光るタイヤを装着!1950年代を象徴する自動運転コンセプトカー「Golden Sahara II」が復刻

2019.03.19

1950 年代と 60 年代における象徴的なカスタムカーである「Golden Sahara II」。自動走行車の最初のコンセプトのひとつで、当時はグッドイヤーによって開発されていたゴールドに光るシースルータイヤが装着されていた。

今回、グッドイヤーはKlairmont Kollectionsと共同でジュネーブ国際モーターショーにおいて、グッドイヤーの半透明タイヤを装着し復刻された「Golden Sahara II」を発表した。

「Golden Sahara II」に発光するタイヤを装着

タイヤは、グッドイヤーが半透明構造のネオタン(Neothane)を使って開発したもので、タイヤに内蔵されている発光装置によりタイヤ自体が光る。これは、悪天候下におけるタイヤの視認性向上やブレーキングと連動してタイヤが発光する仕組みの実現性を探る、グッドイヤーの幅広い研究範囲のひとつ。

伝説的なカスタムカーデザイナーであるジョージ・バリスが所有していたリンカーン カプリ(1953)に、同じくカスタマイザーであるジム・ストリートが改造を加え、1960 年に発表された Golden Sahara II は、新しい電子システムを実験するプラットフォームだった。

それは、航空機のコントロールレバーにインスピレーションを受けた、加速、ブレーキング、ハンドリングの制御システムと、車の進路上にある障害物を感知するセンサーを搭載した自動ブレーキシステムを特徴としている。

関連情報/https://corporate.goodyear.com/en-US/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。