人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.31

おもちゃコンサルタントに聞く「知育玩具」で遊ぶことの効用

リトルビッツ『バブル・ボット』『ナイト・ライト』『アーケード・ゲーム』『這い回る怪物』

せっかく選んだ知育玩具でも、子供が興味を持って楽しく遊ぶかどうかは、試してみなければわからない。子供にマッチングする、よりよい知育玩具の選び方や、玩具のタイプによって異なる子供に養われる能力について、専門家に聞いた。

丸山絢子さんおもちゃコンサルタント・丸山絢子さん
プログラミング教材とおもちゃの専門店「coporii」を運営。おもちゃコンサルタントの資格を持ち、「安心・わかりやすい・おもしろい」が取扱商品のコンセプト。SEのキャリアがあり、プログラミングのワークショップも開催中。

 知育玩具を買う時「こんな学習をさせたい」とか「人気商品だから」といった、大人目線で選ぼうとしていないだろうか。知育玩具の専門店「coporii(コポリ)」を運営する丸山絢子さんによると、選ぶ際に大切なのは「子供の興味に合わせること」だとか。

「子供が好きな玩具に近いものを選ぶことがポイントです」

 ひと口に知育玩具といっても、タイプによって育まれる能力は実に様々。例えば「ルート作成タイプ」であれば、試行錯誤しながら道筋を作ることで、プログラミング的思考や方向感覚を養える。また、「パズル系」では空間認識力や想像力を、「アナログゲーム系」では駆け引きや先を考える力とともに、集中力強化の効果も高い。「学習系」のうち言語を学ぶものは、他言語への興味を広げるきっかけとなり、プログラミングに多く使われる英語への苦手意識をなくすことにもつながるという。

 そんな知育玩具の中でも、プログラミング教育の予習などに直結しやすいのが「電子工作タイプ」だ。海外では電子工作タイプを使った、科学・技術・工学・数学という理系主体の「STEM教育」が盛んだ。特に英国ではSTEM教育が進んでいて、BBC社の小さなコンピューター「マイクロビット」を、生徒ひとりに1台配布しているほど。STEM教育が先進国で最も遅れている日本でも、プログラミング教育とその学習に役立つ電子工作系を重視する機運が、ようやく高まってきた。

「自分で作る『電子工作タイプ』は、立体構造の思考が身につき、数学の考え方が自然に備わっていきます。さらに完成品をプログラミングする過程でコーディングの基礎を学ぶことができ、創造性や判断力、問題解決力の向上にもつながります。なお、STEMにA(アート)を加えたSTEAMといわれる教育手法も知られるようになってきました。絵を描いたり創作したりするのが好きなお子様には、デザイン思考や感性を養う『アート系』の玩具もおすすめです」

脳丸山さんの話をふまえて、それぞれの知育玩具が右脳(感性やひらめきなど)と左脳(言語や数的処理など)のどちらに効果的なのかをまとめたもの。「電子工作タイプ」が最もプログラミング教育に直結。学習系は英語などに対する関心を高めるもの、アート系は発想の広がりを育むものとして遊ばせるといい。

■丸山さんが運営するショップで扱っているおすすめアイテム

リトルビッツ『バブル・ボット』『ナイト・ライト』『アーケード・ゲーム』『這い回る怪物』リトルビッツ『バブル・ボット』『ナイト・ライト』『アーケード・ゲーム』『這い回る怪物』
各6000円【8才~】

マグネット式モジュールをつなぎながら電子回路を学べる。『バブル・ボット』は「しゃぼん玉発射装置」、『ナイト・ライト』は「メガブラスター」、『這い回る怪物』は「尺取り虫ロボット」、『アーケード・ゲーム』で「ピンボールゲーム」を、それぞれ作れる。自分だけの〝発明品〟も生み出せる。

取材・文/安藤政弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。