人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.23

「わたし」ではなく「わたしたち」のためのデザイン雑貨4選

ふたりでいてもひとりを大事にするデスク『Table for Two』

カフェなど公共の場所で仕事や勉強をしているといつも不思議に感じることだが、ひとつなぎのテーブルであっても、ちょっとした仕切りがあるだけで途端にパーソナルな空間が生じるのである。『Table for Two』はひとつなぎのデスクでありながら、真ん中に低い仕切りを設置することで向かい合わせに座ったふたりにパーソナルな空間を与えるデスクだ。完全に視界を遮るわけではないので同じ空間にいる一体感は残しつつ、お互いが自分の作業に集中できるようになっている。仕切りの内側には各々ポケットが付属しているのでスマホやペンスタンドとして使うこともできそうだ。もっとも、お互いの手元には引き出しも備わっているのでノートPCや手帳などかさばるものはそちらにいれると良いだろう。お互いの作業が終わったら仕切りを倒してダイニングテーブルに変形するのもこの『Table for Two』の利点。限られた居住空間の多い現代こそ、複数の機能を備え持つこのような家具が受け入れられる時代かもしれない。

ふたりで旅する気分を味わうテーブル『Il Treno』

共通の趣味が旅行のふたりなら何としても手に入れたくなりそうなテーブル『Il Treno』。列車のコンパートメントという半閉鎖的な空間を表現することで、よりふたりの空間を過ごしている実感が強まりそうなテーブルだ。よくみると本体の上にも荷物が置けるようになっており、デザインとして機能しつつ、実用的な機能も備えている。なお本体の外側は収納スペースになっているので、食器類を収納しておくとスムーズに食事やコーヒーブレイクの準備に移れて便利そうだ。お金も時間もかけずに旅する気分を味わうことができるこのテーブル、個人的にも気になって仕方ないテーブルの1つだ。

text/Wataru KOUCHI

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。